廣瀬アルパインスクール

HOME > 韓国インスボン特集 > クライミング装備

【クライミング装備】

  クライミング基本装備一式が必要です。
  ロープはWで使うかSで使うかによって異なりますが、何らかのアクシデント等で同ルート等を下降する際には2本のロープが必要になりますので、その辺を考えて持っていってください。カム類はキャメロット1セット+エイリアン1セットで充分です。ヌンチャクは基本的にトップが12本位持てば良いと思います。スリング類はそれ程多く必要はありません。スリングを多用する所は余り有りませんのでそれなりに持っていってください。休日等は多くのクライマーが登っているので、何が落ちてくるか分かりませんのでヘルメットは被ったほうが無難です。あまり大きなザックを背負ってのクライミングは非常に登りにくいので、貴重品、水、行動食、ジャケット等が入る位の物が良いと思います。相手は決勝の粗い岩ですから、かなり擦りつけると直ぐにボロボロになってしまいますのでご注意ください。勿論クラックも登らなくてはなりませんので、25oと38o巾のテーピングテープも忘れないようにしてください。
  装備は持ち過ぎても無駄になるばかりか、重たくて仕方が有りません。パーティーで良く相談して効率の良い装備を持って行ってください。

 以上、インスボンについて明記してみましたが、百聞は一見にしかず、素晴らしい花崗岩のクライミングを是非ご堪能頂きたいと思います。
  ご質問等がありましたらご一報頂ければ幸いです。

 
(社)日本山岳ガイド協会認定
 登攀ガイド(山岳ガイド)
ジャパン・アルパイン・ガイド組合所属(J・A・G・U)
廣瀬憲文
「山と自然への彷徨」をテーマに、楽しく、わかりやすく、ていねい、安全をモットーにガイドを行っています。
  「廣瀬アルパインスクール」
廣瀬憲文 (ひろせのりふみ)
E-Mail :ZWR05055@outlook.jp
〒197-0802
東京都あきる野市草花1779-22
電話・Fax :042-558-9152
携帯電話:090-4398-9256