2014/5/4 日曜日

春まだ浅い〜小川山〜

Filed under: 未分類 — 廣瀬 憲文 @ 10:05:20

五月の空に誘われて、今シーズン初めての小川山に1日〜2日で行って来ました。小海線沿線は今や花盛り、一斉に咲きだした花々に観光客の目を楽しませてくれています。南アルプス、八ヶ岳、金峰山も例年には無い残雪が有ります。何も変わらない廻り目平、しかし周辺の日蔭には所々に雪の塊が今も残っています。カラマツの小さな芽が顔を出したばかりで少しだけ春を感じます。小川山の良い季節となりました。やはりここに来ないとクライミングシーズンが始まりません。山荘のスタッフの方も皆さんお変わりなく、今シーズンから若い女性の由井さんが加わりました。又、調理の方も昨年の日暮さんから亀田さんに交代して今シーズンを担当するそうです。

1日晴れ、やはりGWの最中とは言え、平日に限ります。駐車場に車もほとんど有りません。クライマーの姿もまばらでやはりクライミングは平日がいいですね。山荘で早めのお昼を済ませて、シーズン初めと云う事でスラブ状岩壁へ、先ずはケロヨンで遠ざかっていた花崗岩の感触を取り戻してもらい、バナナケーキ、ハート&ソウル他を何本か登ってガマスラブへ移動、限定スラブで練習して終了。日中の日差しが有る時は暖かいが、日差しが無くなるとまだ早春賦の世界となります。

2日晴れ、ドピーカン。雲一つ無いこれこそ本物の五月晴れ といった感じとなりました。08:20山荘出発、屋根岩2峰のセレクションルートを目指します。08:50、2峰下部着、出発準備を整え09:20クラックから取り付き、ダイアモンドスラブ上で1P終了。トラバースからちむにーを抜けて松の木で2P目を切る。3P 目の出だしはスクイーズクラックから凹角を登りスラブ上の松の木でBP。4P目少し登って松の木でRBを取り少しクライミングダウン、左へのトラバースを開始、易しいトラバースだが高度感が有る。トラバースが終わった所でBP。5P目最終ピッチは、ここも高度感が出るピッチで、ハンドクラックからスラブを登ってセレクション終了点。11:05。二人とも初めてのセレクション。昨年からの念願のルートをすんなりと登ってしまいました。精進の賜物でしょう。50mの懸垂と歩きで荷物の所に戻り昼食、午後からはスラマメスラブへ移動して、下部スラブで何本か登って終了となりました。五月晴れに恵まれ、念願のセレクションも快適に登りその他のルートも昨年は中々すんなりとは行かなかったルートも問題なく解決、幸先の良い小川山シーズン初めとなりました。\(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/ 又の小川山が楽しみです。

▼1日、取り敢えずの笑顔で小川山シーズン初めに向かいます。何の変りもない廻り目平。

P5010001.bmp

▼スラブ状岩壁からの右岸、烏帽子岩方面。

P5010003.bmp

▼山荘からの父岩方面、まだ日蔭の所々に残雪が見えます。

P5010027.bmp

▼金峰山方面、かなりの残雪です。

P5020053.bmp

▼2日の大日広場とお殿様岩方面、帰って来た時にはすでにかなりの数の車が駐車した有りました。

P5020031.bmp

▼1日、スラブ状岩壁、ケロヨンで足慣らし。

P5010005.bmp

▼ハート&ソウルの核心部。

P5010011.bmp

▼バナナケーキ取り付き。

P5010016.bmp

▼ガマスラブの限定スラブでの練習です。

P5010021.bmp

▼2日、屋根岩2峰東面セレクションルート1P目のダイアモンドスラブ。

P5020036.bmp

▼3P目の取り付きテラスからスクィーズクラックに入ります。

P5020041.bmp

▼4P目トラバース。顔を合わせてこんにちは・・では有りません。トラバースももう直ぐ終了。

P5020046.bmp

▼5P目のハンドクラックからスラブへ、この高度感がいいですね。(^_^)で終わりました。

P5020048.bmp

▼11:05終了。素晴らしいクライミングでした。(^_^)v

P5020051.bmp

▼ソラマメスラブへ移動、甘食もいいですね。

P5020069.bmp

▼三色すみれ。

P5020059.bmp

▼1日の夕食。真ん中は鹿カツ、美味しカツたです。勿論野菜はお替り自由です。

P5010029.bmp

やはり小川山ですね。幸先の良い小川山クライミングとなりました。今シーズンは何日位行くこととなるでしょうか、皆さんも是非、花崗岩の快適なクライミング にお出かけください。

2014/4/18 金曜日

第六回リードクライミングセミナー

Filed under: 未分類 — 廣瀬 憲文 @ 9:24:34

先月のリードセミナーが雨の為、今月に変更となり最終回のリードセミナーを17日、日和田でおこないました。暑くも寒くもない快適な陽気の中、今までやって来た事の総まとめです。先ずは、一人が男岩南面をリードで登って終了点でセカンドを上げるシステムを構築、セカンドが終了点に着くとそこから懸垂下降で降りる準備を整え取り付きに戻る。これを南面と西面で納得出来るように行って終了となりました。陽気のせいなのか、結構多くの人が来ていました。一人かなり危ないおじさんがかなり昔の装備で人がの登っている所へ何も言わずにロープを垂らして懸垂下降を始めましたが、ロープの片方が半分くらいの所で下まで届いておらず、途中でセルフも取らずに下降器をロープから外し届いていないロープを下まで下ろして又下降器をセットして、何とか下まで降りましたが、かなり危険な行動につい怒ってしまいました。そしてそのおじさんいわく、人のことはほっといてくれ・・・と言い放ちました。危険な行為をしていて、それを注意されて反省の色全くなしで平然と又登っていました。自分一人だけの岩場のような行動をとるのか理解できませんが、もっと色々と新しいことを学習してから、クライミングを安全に楽しんで欲しいものです。

日和田山も新緑の黄緑色に変化してきました。花々も少しずつ茎を伸ばし花を付けてきました。羊山公園の芝桜もそろそろ見頃となるころでしょう。土日の西武線は通勤電車並みとなってしまいます。お出かけは平日に。

▼新緑の染まって来た日和田山。

P4170002.bmp

▼道端の狭い隙間まに顔を見せてくれる日本スミレ。

P4170035.bmp

▼前回よりは花数がかなり増えたチゴユリ。

P4170004.bmp

▼ホウチャク草も姿がハッキリとしてきました。

P4170032.bmp

▼男岩南面のリード。

P4170009.bmp

▼終了点でビレーシステムを構築。

P4170013.bmp

▼ 西面のリード。

P4170019.bmp

▼ 西面のリード。

P4170022.bmp

▼西面のホロー。

P4170028.bmp

全六回のリードクライミングセミナーも無事終了しました。覚えたことを忘れずに、これからのクライミングに生かしてもらえれば幸いです。

2014/4/10 木曜日

春ですね〜えクライミングに行きませんか〜(^^♪

Filed under: 未分類 — 廣瀬 憲文 @ 21:09:38

久々の伊豆城山に8日〜9日で行ってきました。両日とも初夏のような陽気で、半袖で登っていても暑いくらいでしたが、快適なクライミングを楽しんで参りました。2日間、我々の他は1パーティーのみで、どこでも登れる状態の南壁でした。

8日は一寸人数が多かったので1階部分で今まで苦手だったルートを主に繰り返し練習でした。9日、岩場について誰もいません。午前中にマルチへと、10:00Aルートへ 取り付く。久しぶりに会う後輩ガイドパーティーが上がって来た。良い天気の中、快適にAルートをクライミング、3Pで終了点へ。懸垂下降2Pで取り付きに戻る。11:45。午後からは又1階部分で練習〜、で終了。

▼狩野川堤防からの城山、まだ桜が目立っています。

P4090068.bmp

▼レンゲソウと城山。

P4090065.bmp

▼Aルート終了点からの狩野川と大仁の町並。

P4090043.bmp

▼岩場へのアプローチ途中で顔を出したばかりのタケノコ発見。

P4080001.bmp

▼いつもの所にあるタラの芽、いい大きさに育っていました。やはりこの辺は早いですね。

P4080002.bmp

▼城山登山道沿いに咲いている山桜、大島桜、新緑とのコントラストがいいですね。

P4080003.bmp

▼トントン拍子、タナバタのタナボタ。

P4080006.bmp

▼ タナバタのタナボタ。

P4080010.bmp

▼ジプシーマリー。

P4080018.bmp

▼エキスカーション下部。

P4080014.bmp

▼Aルート2P目終了間際。快適そのもの。

P4090041.bmp

▼ 終了点、二人ともこのルートは初めてでした。ご満悦。

P4090047.bmp

暑い城山南壁でした。でも快適クライミングそのものでした。いい季節です。さあ〜貴方もクライミングに出かけましょう。

2014/3/26 水曜日

冬から初夏

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 16:35:44

5日間のロードでブログの更新を一緒にしてしまいました。21日お彼岸、暑さ寒さも彼岸までのお手本のような3連休でした。21日日和田、寒気が南下したらしく冬の寒さが戻って来ました。3連休の初日、日和田に行って来ました。思った通り、3連休に日和田辺りに来る人はほとんどいません。全部で15名位でしょうか、岩も冷たく風もあって陽があっても寒い一日でした。リード&ホローで10本位を登って早めの終了としました。

22日、3連休中日、湯河原幕岩でした。梅の宴も終わり静寂を取り戻した幕山公園です。梅の花はまだかなり残っているので、梅見の観光客、ハイキング客はそれなりには来ていましたが、クライマーの姿はいつもの土日の賑わいは有りませんでした。シンデレラフェース、アリババの岩場、桃源郷、フック船長辺りを繰り返しの練習で終わりました。暑くも寒くも無くの快適な春の幕岩でした。23日、又日和田でした。岩場まで一寸汗ばむ位の陽気で、3連休最後の日は21日をかなり上回る人が練習に来ていました。今回も前回の復習を兼ねてリード&ホローで男岩の南面。西面を今回も10本位登って終了しました。

24日〜25日は伊豆城ヶ崎でした。24日は初めてのオーシャンエリアへ行ってみました。城ヶ崎海岸駅で降り、まだこれから咲き始める桜並木の道をひたすらに下り、いがいが根へ、そこから海岸線の遊歩道を大島ヶ根へ、ここを海に向かうと左側に見えます。ルートは結構あるようですが、海岸から登れるのは10本位でしょうか、その中で、イソヒヨドリ、カラス、ボクサー、オータムカンテ、ホッテントットを登ってみました。オータムカンテ以外は全てクラッククライミングです。明るくて良いとこですが、城ヶ崎海岸駅から徒歩では30分位は掛るでしょうか、帰りがずっと登りです。25日は富戸エリアへ、主に南の岩南面のメルトダウン、無名フェース、フラッシュダンス、ネッシーと東面のパープルシャドーとフナムシロックのオバステ正宗を登って終わりました。24日〜25日は初夏を思わせるような暑さの城ヶ崎でした。

▼21日の日和田山。

P3210001.bmp

▼日和田山登山口入口の小川に咲いているセリの花。

P3210002.bmp

▼男岩西面を登る。

P3210014.bmp

▼22日幕山公園。まだ梅の花がかなり残っていました。

P3220002.bmp

▼アリババの岩場、アンの出だし。

P3220009.bmp

▼フック船長。

P3220015.bmp

▼花を付けて来たコブシ。

P3220020.bmp

▼23日、日和田男岩南面、スネーククラック。

P3230004.bmp

▼ヒラヒラと一羽だけ日向ぼっこをしているルリタテハ。

P3230010.bmp

▼24日城ヶ崎海岸オーシャンエリア。

P3240023.bmp

▼左カラス、右ボクサー。

P3240034.bmp

▼25日富戸メルトダウン、前回中々形にならずで苦労しました。今回はトップアウトです。

P3250044.bmp

▼今回初めて登ってみました。無名フェース。

P3250046.bmp

▼フラッシュダンス、ここも中々形が出来ずでしたが、ここも今回はトップアウトしました。

P3250049.bmp

▼富戸エリアのマントヒヒ。中々の顔つきです。

P3250048.bmp

良い成果の出た富戸エリアでした。又、次回が楽しみです。

2014/3/10 月曜日

梅とクライマー

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 10:16:03

8日〜9日で梅の宴真っ只中の湯河原幕岩に行って来ました。土日2日間の幕岩は久々です。幕山公園の梅の宴は一番良い時を迎えているようで、観光客、ハイキング客そしてクライマーとバスも車も溢れていました。両日とも日差しが有ったものの気温が低く日陰の岩場は岩が冷たく長くいると感覚が鈍って来るようでした。土曜日はマンツーマンなので苦手なムーブの練習を主に行う予定でしたがクライマーの数も多く中々良い所が空いていないので、取り敢えず空いているクリスマスローズから始め、マゾオケサ、アリババ、var、アンを何回も繰り返しの練習でした。日曜日も9時前のバスに並び桃源郷へ、桃源郷は蟻さん辺りに登っている人が数パーティーいましたが、アリババの岩場へ、・・と思い行った所、アリババの岩場全ルートTrが掛っていて入る余地が無く、又桃源郷へ戻りアボリジニから始め、夕飯時、夕暮れ時と繰り返しの練習、午後からはフック船長、時計ワニ、アブラカタブラを登って終了。さすがに土日、人が溢れかえっている中でしたが楽しい練習が出来ました。梅の宴も16日で終了。又静かな幕岩が戻って来ます。

▼満開の梅、人も満開です。

P3090040.bmp

▼アブラカタブラから広場方面。ここは白梅が目立ちます。

P3090034.bmp

▼8日、初めの一本。空いているクリスマスローズから。

P3080003.bmp

▼マゾオケサ。ここも短いが細かいのを拾って登ります。

P3080005.bmp

▼シンデレラフェース。Trで感触を掴んでからのリード、しっかりと登れていました。

P3080009.bmp

▼アリババ最初のトライ、いやあ〜何のストレスも無くリズム良く登れました。これからも此の感触を忘れずに。

P3080010.bmp

▼梅とクライマー。9日、最初の一本アボリジニ。右足ハイステップがまだ問題のようです。

P3090014.bmp

▼夕暮れ時。核心のフィンガーホールド。

P3090022.bmp

▼夕飯時。核心の離陸。中々良く登れていました。

P3090020.bmp

▼フック船長。

P3090027.bmp

▼アブラカタブラ。

P3090031.bmp

暑さ寒さも彼岸まで。・・もう直ぐクライミングに快適な季節がやって来ます。皆さ〜んお出かけ下さい。

2014/3/4 火曜日

湘南の海と岩

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 22:28:16

今日は、湘南鷹取山のクライミングに行って来ました。2013・1・3以来です。明日の予報が悪いため当初の予定より一日繰り上げしました。朝方は冷え込みましたが、久し振りに追浜駅から鷹取まで歩いて行く間でかなりストレッチになったようです。今回の参加者は4人。一人を除いて3人は初めての鷹取、取り敢えずは広場横フェースの岩場でアップのつもりでしたが、初めてのホールド、スタンスに少し困惑気味でルート取りによっては、アップのつもりが少々UPUP気味になってしまいました。何回かずつ登って子不知へ移動、午後からは、電光クラック、竹本フェースで反復練習、日が傾き肌寒くなった頃終了としました。初めての鷹取は一寸大変だったようです。・・・が、又桜の咲く頃にでもお出かけ致しましょう。

▼子不知から見たベイブリッジと湘南の海。

P3040011.bmp

▼日本タンポポでしょうか、一輪だけ日向に咲いていました。

P3040001.bmp

▼広場横フェースで、岩肌は冷たくホールドは穴ポコ、あ〜あ、こんなはずじゃ〜あ、ぶつぶつ・・。

P3040009.bmp

▼広場横フェース。

P3040005.bmp

▼子不知、左、電光クラック。右、竹本フェース。

P3040026.bmp

▼まさに、トンビがくるりと輪を描いたホーイのホイでしょうか。

P3040018.bmp

▼電光クラック。

P3040013.bmp

▼竹本フェース。

P3040030.bmp

▼親不知南面、ご覧の通り、鷹取専門クライマーで埋め尽くされています。

P3040015.bmp

久し振りの鷹取でしたが、快適でした。たまにはいいですね。又の機会に訪れましょう。

2014/2/26 水曜日

伊豆の桜と山の雪

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 13:13:36

24日〜25日で伊豆城ヶ崎へ行って来ました。さすがに雪のかけらも有りません。しかし寒いらしく伊豆高原駅周辺の大寒桜もまだまだのようです。河津桜ような花の色の濃い桜は見頃のようです。熱海からの伊豆急下田行きの電車は多くの観光客が乗っていました。09:44富戸着、フナムシロックへ、一寸肌寒い、先ずは北の岩南面で前回の復習を兼ねて、純、鬼ごろし、オバステ正宗を登り、南の岩南面へ、メルトダウン、フラッシュダンスを登って終了。今回は、初めて宿泊する富戸民宿「おきひがし荘」へ、富戸駅から数分の高台にある見晴らしの良い民宿です。料金によって料理は異なるみたいですが、私達は一番安い¥7.500(一人二食付)を頼みましたが食べきれない位沢山出ました。又、お風呂も見晴らしの良い温泉でいい民宿でした。

25日、09:07富戸発で伊豆高原へ、昨日に比べるとかなり暖かい、あかねの浜へ向かう。駅前の桜はまだまだで、河津桜の種類は見頃でした。前回出来なかった奥の方のルートへ、持国天、増長天の方は波が掛っているので、毘沙門天を登り、ラッキーストーン、ライトレイン、ツワブキを登って終了。2日間楽しめました。薄着で登れる春らしいあかねの浜でした。

▼25日、伊豆高原駅前の桜と残雪の大室山。ちなみに大島の雪を見たのも初めてでした。

P2250045.bmp

▼フナムシロック、純。

P2240007.bmp

▼鬼ごろし。

P2240010.bmp

▼クラックばかりではなく、フェースにルートを設定して登りました。

P2240016.bmp

▼南の南面、フラッシュダンス。

P2240024.bmp

▼メルトダウン。

P2240035.bmp

▼富戸民宿「おきひがし荘」

P2250041.bmp

▼夕飯、魚ずくしで美味しかった。

P2240040.bmp

▼25日、あかねの浜毘沙門天。

P2250051.bmp

▼ライトレイン。

P2250059.bmp

▼ツワブキ核心部。

P2250068.bmp

▼崩れてしまったあかねの顔とあかねのオブジェ。

P2250076.bmp

▼???

P2250077.bmp

▼海上自衛隊 P-3C対潜哨戒機。・・が飛行してきました。

P2240029.bmp

早春賦の伊豆ですが、これからは春らしい陽気が増えて来る事でしょう。クライミングに絶好の季節になります。

2014/2/23 日曜日

梅は〜まだかいな!

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 9:21:06

22日、土曜日の湯河原幕岩に行って来ました。先週、先々週と関東地方の大雪でクライマーの皆さんもここに来られない状態が続いていた事でしょう。クライマー一杯、ハイカー一杯、梅見客一杯と一杯づくしでした。桃源郷、希望峰はいつもながらの人盛り、私達はアリババへ、ここも知り合いパーティーで一杯でしたが、空いている所をぬって登りました。アリス、アラジン、シャワーコロン、ニューアライ、アリババ、アリババvarと桃源郷の夕飯時、夕暮れ時を指が痛くなるまで登り、最終バスの16:45で湯河原駅に戻りました。(梅の宴の最中は、バスの時間が変更になっています)幕山公園に着いた時は、雪が舞ってくるような寒〜い天気でしたが、時折太陽も顔を見せてくれました。寒いけど快適な幕岩です。

▼梅もまだこんな感じです。寒そうな幕山。

P2220001.bmp

▼岩が冷たくて指が痛いのを我慢〜でアリスでアップです。

P2220006.bmp

▼アラジン。

P2220007.bmp

▼シャワーコロン。

P2220008.bmp

▼ニューアライ。

P2220016.bmp

▼届いた左手?、アリババ。

P2220017.bmp

▼桃源郷、夕飯時。最初の2歩が核心です。

P2220024.bmp

▼夕暮れ時、歯を食いしばってワンフィンガーホールで耐えます。

P2220033.bmp

寒い幕岩でしたが快適に登れます。梅ももう少しと云った感じでしょうか、もう直ぐ暖かくなって来る事でしょう。お花見クライミングに出掛けましょう。

« 前ページへ次ページへ »
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.335 sec. Powered by WordPress ME