2012/9/17 月曜日

小川山マリモと命名

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 9:48:04

13日〜15日で小川山でした。3連休の初日までだったので混雑する事も無く、天気も午後になると降りそうな雲行きにはなるのですが、何とか降らずに3日間、多少の秋の気配を感じながら快適なクライミングをする事が出来ました。15日〜17日は3連休、民族大移動の季節でもあり、廻り目平もそのご多望にもれず金曜日の夜から車が入ってくる音が引っ切り無しでした。

13日、高い秋空の中、貸切のマガスラブで、ウルトラセブン、可愛い女とバージョンスラブ、高い窓、穴があったら出たい、デロリンマン等で楽しみました。

14日、朝から秋空が気持ち良く広がっています。今日は水晶スラブへ、越境者、アバタもエクボ、フィンガーフレークでかなり登り込み水晶スラブ直ぐ下の岩場(スラブルートが2本だけ有る所。聞く所によると、ダンボ岩?と言うらしい)へ、ここでも色々な登り方を練習して終了。後一人は帰宅。

15日、3連休初日、さすがに秋の3連休の初日、山荘も一杯ならば車もテントも一杯になりました。今日は朝一でガマルートへ、降りてきてからマガスラブを登ると云う事で、先ずはマガスラブへ向かいます。知り合いパーティーが既に来ていました。他の人達は金曜の夜に入っているので、岩場へ出掛けるのはゆっくりとしてからでしょう。09:10ガマルート登攀開始。気持ちの良いクライミングで終始、10:05終了点。50m1回でマガスラブへ下降。荷物の所へ10:20あっけなく終わってしまったので、マガスラブで口直しとしたい所なんですが、一寸疲れた身体に鞭打って、可愛い女のバージョンスラブを登り込みます。その内、ゆっくり目に出て来たパーティーが数パーティー来始めました。私達は充分登ったので荷物をまとめてガマスラブへ移動。ここではHAS会員パーティーに遭遇、ガマスラブでは、ノーハンドクライミングの練習と限定スラブで特訓して3日間のクライミングが終了しました。天気も良く、混雑の無い所で、混雑する前に帰宅すると云う理想的な快適クライミングを過ごしました。

▼小川山マリモと命名。

P9140066.bmp

▼双葉の秋と命名。

P9140063.bmp

▼13日マガスラブ、左高い窓。右可愛い女。

P9130008.bmp

▼可愛い女varスラブ。

P9130017.bmp

▼高い窓、核心に入ります。いい形になっています。

P9130024.bmp

▼14日水晶スラブ。アバタモエクボ、核心の二歩目。

P9140044.bmp

▼フィンガーフレーク。快適です。

P9140039.bmp

▼ダンボ岩?(水晶スラブ下の岩)で登り込みます。

P9140058.bmp

▼15日ガマルート1ピッチ目。ひたすらに登るだけです。

P9150084.bmp

▼4ピッチ目のリッジ上。

P9150091.bmp

▼ガマスラブへ転進。指先だけ付いてのクライミング練習。

P9150104.bmp

▼ナナカマドと屋根岩。

P9140031.bmp

▼今春マウントダックス社より発売された「ユニック25」と云うトップオープンのザックです。背負い易い快適なザックです。この25Lの他に、35Lも有ります。カラーは、両方とも、黒一色と背中部分が水色のツートンカラーが有ります。

 P9150109.bmp

▼上の拡大写真です。ダックスマークの所と下部に小物入れが付いています。こう云ったザックに興味のある方は、お問い合わせください。

P9150079.bmp

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.236 sec. Powered by WordPress ME