2012/3/30 金曜日

青梅丘陵ハイキング「見るべし」

Filed under: 未分類 — 廣瀬 憲文 @ 11:43:25

29日、いい日和でした。よし、歩きに行こうと思い立ち、青梅線沿線の青梅丘陵ハイキングに行って来ました。青梅駅を10:20出発、青梅鉄道公園から名郷峠、辛垣城址、雷電山を経て軍畑駅までの約12Km位のハイキングでした。昔子供達を連れて歩いた事が有るのですが、昔に比べると名郷峠位までのハイキングコースはかなり整備されて色々な説明も有りお散歩コースと云った所でしょうか、名郷峠から雷電山は、それなりには整備されていますが、かなりアップダウンの有る山道が続きます。道標は沢山あるので分かりやすくなっています。榎峠から軍畑駅までは最後が道路歩きとなってしまいます。軍畑駅15:20着、ゆっくり歩きでお弁当を含めて5時間の一寸汗ばんだゆったりハイキングでした。途中の色々なものを写真でご紹介します。ウグイスの鳴き声、小鳥のさえずり、山野草を見ながら春の一日をのんびりと歩いてみては如何でしょうか、

▼青梅駅を出発します。

P3290001.bmp

▼青梅鉄道公園に上がる途中にある寒緋桜。

P3290005.bmp

▼懐かしいですね。この茶色の電車、何十年前に青梅線を走っていました。床が木でコールタールが塗られていました。青梅鉄道公園内に展示されています。う〜ん昭和を感じますね。

P3290006.bmp

▼「見るべし」時間が無いので見物してはいませんが、私の好きな「べし」です。面白いキャラクターですね。

P3290007.bmp

▼歩いたコースです。図は一寸解りずらいですが、右の青梅駅から左端の軍畑駅まで、いいコースです。

P3290017.bmp

▼真正面のちょっと白いのが富士山。

P3290010.bmp

▼偶然なのか、意図的に作ったのかは定かでありませんが、遠目にはちょっとびっくりする人もいるかも知れません。

P3290016.bmp

▼秩父の山々、武甲山、武川山、双子山、伊豆ヶ岳等が遠望出来ます。

P3290022.bmp

▼辛垣城址(辛垣山450m)、1563年頃の青梅の豪族であった三田氏の山城であったようです。

P3290027.bmp

▼榎峠の所のタラの芽、まだ1cm位しか出ていません。山菜はまだまだ先のようですね。

P3290032.bmp

▼途中の民家の畑に咲いていました。此の花の名前を覚えたのは、昭和43年此の花の歌がヒットしたことによります。歌の題名は「花はおそかった」歌手は美樹克彦。そうです、あの歌い出しが忘れられません。  かおるちゃん・・遅くなってごめんね・・花を探していたんだよ・・君が好きだった・・クロッカスの花を・・・です。ちょっと悲しい歌ですが、それ以来覚えています。

余談ですが、クロッカスの花言葉「苦労を人に貸してはいけません」(クローをカス)わかるよな〜。冗談のオヤジギャグですご容赦の程。・・失礼しました。 本当はこちら、クロッカス(アヤメ科)別名花サフラン、本当の花言葉は、青春の喜び。

P3290034.bmp

▼15:20軍畑駅に到着です。以前は木造でしたが綺麗になりました。勿論無人駅です。スイカはOKです。

P3290037.bmp

今の私にとっては良く歩きました。名郷峠から軍畑駅までは結構なアップダウンが続きます。此の位歩くとどうしても患部以外の所に負担が掛かり歩くスピードが極端に落ちます。でも暖かさが増してくると身体も動いて来ます。又どんどん歩きに行こうと思います。皆さんも是非お出かけ下さい。勿論クライミングにも。

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.341 sec. Powered by WordPress ME