2011/6/19 日曜日

小川山わ・・・今日も〜寒かった〜

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 22:49:50

天気予報に翻弄されながら、最終的に金曜日の午前中に行ってみましょう・・・と決めて土曜日小川山に出掛けました。嫌な雰囲気の雲が低く覆っています。09:56小淵沢発の小諸行きに乗車、今回はスーパーあずさが8分位遅れで到着、小諸行きもそれに接続してからの発車となりました。11:20頃金峰山荘着、午後からの降雨確率が高いので、直ぐに出発、金曜日は一日降っていたようで、濡れの少ない岩場と云う事で、スラブ状岩壁に向かいました。今シーズン小川山が初めての人がいたのでまずはケロヨンから登って、取り敢えず2回登ってもらい、直ぐ左にあるガマルートの1ピッチ目を登り終わった所で一寸大粒の雨となり雨足も強くなり始めたのでそこで終了となりました。まあ〜一寸は登れたので良しと致しましょう。それからは段々と雨足ももっと強くなり、本降り状態と化してしまいました。岩場は見る見る内に濡れ始め、ビシュヌれ状態で足早にテントに戻るボルダーが何人か見えました。

19日、太陽を期待したのですが、残念ながら曇り空の上に一寸危なげな雲行きです。又予報が変わってしまったのでしょうか、今日は晴れマークが出ていたはずなんですが、食事も早めに済ませ、山荘をいつもより早めに出発、多分少しは乾いているだろうとの思いでマガスラブへ、だれも登っていません。岩場の下部は結構濡れていますが、取り敢えずウルトラセブンから登り始め、可愛い女、(右、左)オーウェンの為に祈りを、高い窓、デロリンマン辺りを何回か登って終了。午後辺りから又前回のように何となく肌寒く、予報とは全く違う天気となってしまいました。それでも何とか終了まで降られずにクライミングする事が出来ました。行く道の木立の中では、ギンリョウソウがあちらこちらで咲いていました。

▼霧に霞む烏帽子岩、左岩稜を登っている人がいました。

P6190014.bmp

▼ギンリョウソウの最花期です。沢山咲いています。

P6190009.bmp

▼猿の腰掛の一種でしょうか、腐った白樺の根元に生えていました。

P6190011.bmp

▼スラブ状岩壁、ケロヨン。今シーズン初めてのスラブです。

P6180005.bmp

▼マガスラブ、可愛い女var

P6190024.bmp

▼オーウェンの為に祈りを。

P6190034.bmp

▼高い窓、Trの取り方を変えたので、ロープの流れが良くなり、余り怖くなく登れます。

P6190029.bmp

▼デロリンマンの限定バージョンです。これで登るとかなり難しくなります。

P6190038.bmp

又来週の土日も小川山の予定ですが、梅雨の最盛期になってしまうので、天気が心配です。

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.256 sec. Powered by WordPress ME