2006/10/6 金曜日

仁寿峰

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 22:30:56

9月27日〜10月5日まで一寸長丁場の仁寿峰(インスボン)でした。全く雨の降らない毎日で、白雲山荘も大変な水不足でこまっていました。でもご家族皆様お元気でいらっしゃいます。長年居た金さんが辞めてしまって小屋も人手不足の様な感じでした。

9月27日、第一陣として3人で出発、仁川空港から白雲山荘に入りました。28日、インスBルート5.8、6P、インスCルート5.7、3Pを登りました。

29日、有名なショイナードBルート5.9、5Pを登って、インスAを下降しオアシステラスから1P下降しショイナードBルートの取り付きまで下降して、大スラブルート5.7、3Pを登りました。30日、西面にあるショートルートのファンタジーエキスプレス5.10a、2Pを登って第一陣のクライミングは終了です。午後ソウルに下山。

10月1日、第一陣は帰国し、第二陣が入ってきました。2日、いつまで続くこの晴天と言う感じの暑い位のお天気の中、私も25〜6年くらい前に登ったビルラ511c(A0)5Pのルートを登りました。4人で4時間半掛かって登りました。中々シビアなルートです。

3日、韓国の建国記念日で休日です。やはり沢山の韓国クライマーがインスボンを登りに来ました。私達も大スラブからオアシステラスに入り、インスAルート5.8 3Pのクラックのルートです。同ルートを下降してきたのですが、次に目指していたルートは一杯で、仕方がないので東面のショートルートで練習して山荘に戻りました。

4日、当初からの予定であった、西面スラブ右横にあるスラブのショートルートで、前回韓国クライマーが登っているのを見て聞いたところ、ルート名は忘れましたが、グレードは511cとの事でした。その時に今度登ってみましょうと言うことで、今回登ってみました。全てドスラブで、細かい結晶を丁寧に拾ってゆくクライミングで終始します。上部は傾斜も落ち楽になります。基本的には1Pで終了です。中々良いルートだと思います。私的には、甘く付けても5.11a位の感じでした。第二陣もこれで全てのクライミングが終了しました。5日帰国、成田は肌寒く雨でした。2時間位に差で全く違うお天気に遭遇でした。この雨をインスボンにあげたいくらいです。

今回も多くの人達と知り合うことが出来ました。今年の2月八ヶ岳であった韓国クライマーで、八千メートル峰14座完登者3人の内の一人に会うことが出来ましたが、幸運にも今回又、3人の内の一番早く14座完登した人に出会うことが出来ました。

他にも色々な人と出会うことが出来て又来年訪韓する事が楽しみになってきました。

P9300059.bmp

9月30日のインスボンです。小さく見えるのはクライマーです。正面に乗っている岩はイヤーズロック(耳岩)インスボンの象徴的な岩です。

P9290034.bmp

第一陣のショイナードBルート2P目の核心部。

PA020067.bmp

10月2日、第二陣、ビルラルート、2P目の核心部。

PA030083.bmp

10月3日、インスAルート、下は韓国クライマーで一杯です。

PA040102.bmp

4日、西面スラブ右横にあるスラブのルート。ルート名は?です。短いけれど中々シビアな良いルートだと思います。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.249 sec. Powered by WordPress ME