2010/10/10 日曜日

アンニョンハセヨ インスボン エ カッタ ワッソヨ

Filed under: マルチピッチクライミング — 廣瀬 憲文 @ 17:46:20

9月28日〜10月9日で、韓国仁寿峰へ行って来ました。28日雨の東京を出発、晴れのソウル仁川空港に到着です。?10Aで6101の番号のリムジンバスでスユ駅まで、スユからタクシーでトソンサまで入り、トソンサからはいつもの道をヘッドランプを頼りに白雲山荘に20:20頃到着しました。オモニ、キムさんと再会です。

白雲山荘の宿泊費が35.000ウォンに、他の飲み物食べ物等も500ウォン位値上がりしています。

29日曇りで肌寒いです。秋の気配はあるのですが、まだ色付いていないインスボンです。09:50大スラブの一番下から取り付き、右寄りのルートをオアシステラスへ、そこからインスAルートを登り同下降してインスBルートから頂上を経て西面を懸垂下降して終了しました。大阪の友人も加えてのクライミングでした。

30日晴れ、良い天気になりました。09:40シュイナードBルートを登ってインスAを下降してオアシステラスへ、そこからウジョン(友情)Aルートを登って西面を下降14:00山荘へ帰着、飲み会の始まりです。

10月1日晴れ、09:20一番左の大スラブよりクローニールートの取り付きへ、12:40クローニールート終了。終了点で昼食後西面下降して白雲台のバリエーションルート、タイガーホールから白雲台へ登頂しました。夕方札幌の方が入って来ました。私のトポを買ってくれたご夫婦です。

2日曇り後雨、クライミングは止めて早めに下る事としました。牛耳洞(ウイドン)で買い物をしながら明洞へ、ホテルで後半の人と待ち合わせ、大阪の友人達を加え9名で東大門(トンデモン)の登山用具の店に買い物です。夕食後大阪の友人達とも別れ私達も前半のクライミングが終了しました。

3日曇り後雨、午後から大雨の恐れもあるとの事で、前半の人を見送った後白雲山荘へ向かいました。何とか雨に会わず山荘に入りましたが、直後にかなり降って来ました。仕方なく小屋でウダウダモードです。

4日雨後曇り、雨の音を聞いて起きました。午前中位は待機するが止みそうもないのでクライミングは中止。昼食も兼ねて牛耳洞(ウイドン)へ買い物へ下りました。夕方、札幌からもう一人が来るとの事で、その方達と一緒に山荘帰りました。沖縄からの女性が一人で来ていて、私の知り合いのキムガイドを依頼してのクライミングだそうです。

5日曇り後晴れ、雨の影響も考えて10:00山荘発、大スラブより2Pでオアシステラスへ、医大(ウイディ)ルートを登り同ルート下降して大スラブを50mトラバースしてアミドンルートへ1P登った所で不覚にもカメラケースを落としてしまいそれの回収の為にそこでクライミングを断念して2Pの懸垂下降で下りる。ケースは直ぐに回収。そこから山荘へ戻る。

6日晴れ、今回の目的でもあり、初めて登るウンジョンルートへ、スラブのルートでグレード的には5.10c位なので何とか成るかなと思いつつ10:20出発。それ程難しくはないがルートファインディングを要し1ピン目がかなり遠い、右に左に登りながらBPへ到着。10b位の感じであった。30m。2P目のスタート、細かいスラブの結晶を拾いながら登るが中々難しい、BPの一寸手前が難しかった。10c位30m。3P目は右にも左にもボルトが打たれているが、右のアンカーボルトの連打(A0)がルートである。1ピン目に向かうがもう少しの所でクリップ出来ない。かなり試みるが足が出て行かない。諦めて左のルートへトラバースして試みるがここも寸前の所でクリップ出来ない。何回か試すが駄目そうなので、右隣の春登ったルートへ水平振り子トラバースを行う。前回登ったルートに入ったはいいが、ここもそれ程易しくはない。3P目のBPへ要約たどり着く。ホローの2人も悪いトラバースを行いBPに入る。4P目は又ウンジョンルートの最終ピッチに入りシュイナードBルートの4ピッチ目のテラスに入る。ここで知り合いのキムガイドが沖縄の人と札幌の人をガイドしてシュイナードBを登っていた。私達も残り2PをシュイナードBを登りイヤーズロックの下に到着。ここからイヤーズロックを登って頂上へこの日はこれで終了しました。

7日晴れ、09:20山荘発、白雲台のコルからスムンヒョリッジへ向かう。10:30スムンヒョリッジのクライミング開始、出だしは50mのスラブで5.8位、3ピンがあるが、1ピン目までが異常に遠い。リッジクライミングを楽しみながら11:45終了。白雲山荘に下りてパッキング後ソウルへ下りる。サボイホテル泊。

8日晴れ、ホテルを8時前に出て道峰山駅(地下鉄1号線)から道峰山登山口へ向かう。友人の李 圭泰氏とその仲間の人3人、計7人で09:30登山口発。目的は五峰(オーボン)のリッジクライミング、今回はオーボンに直接向かうのではなく、仙人峰(ソニンボン)(ここもインスボンと勝るとも劣らないクライミングルートが沢山あります)が良く見える尾根のハイキングコースから行く事となりました。尾根に上がると素晴らしい岩峰が並んでいました。これ程間近で仙人峰を見たのは初めてです。仙人峰と道峰山のコルに出て登ったり下ったりの連続で、3時間歩いて五峰(オーボン)へ到着です。ここからリッジクライミングの始まりです。14;30 1峰を出発、懸垂下降、2峰のクライミング、懸垂下降、3峰のクライミング、から4峰への渡り、4峰の懸垂下降から4峰と5峰の間にある中峰のクライミングと空中懸垂、そこから5峰へのクライミングをして最終ハイライトの5峰の60m空中懸垂下降で五峰(オーボン)のリッジクライミングは終了です。そこから道峰山登山口まで約2時間を下り9時間の行動が終了しました。又地下鉄を乗り継いでサボイホテルまで戻り韓国クライミングの全てが終了しました。大変お疲れ様でした。

9日晴れ、11:30仁川(インチョン)発、13:40成田着で帰国、12日間の訪韓を無事終了しました。参加下さった方に有難うございました。又の機会を楽しみにしています。又大阪、札幌、沖縄の方々もお疲れ様でした。又何処かでお会い致しましょう。

▼裏インスボン                ▼最初のメンバー

CIMG0694.bmp  CIMG0438.bmp

▼インスA                  ▼インスB

CIMG0450.bmp  CIMG0461.bmp

▼シュイナードB             ▼クローニー

CIMG0495.bmp  CIMG0553.bmp

▼タイガーホール            ▼ウイディ(医大)

CIMG0576.bmp  CIMG0625.bmp

▼ウンジョン               ▼スムンヒョリッジ

CIMG0654.bmp  CIMG0695.bmp

▼五峰60m空中懸垂         ▼五峰、韓国友人と

CIMG0779.bmp  CIMG0770.bmp

▼道峰山、五峰             ▼仙人峰

CIMG0784.bmp  CIMG0722.bmp

▼李さんを囲んで            ▼李さんご夫婦と健とMr金

CIMG0596.bmp  CIMG0600.bmp

▼白雲山荘母屋            ▼骨付きカルビ、マシソヨでした

CIMG0609.bmp        CIMG0476.bmp

私達が居る間にもかなり紅葉が進みました。もうそろそろ見ごろでしょうか、今回は色々な方々にも出会え楽しい訪韓でした。又来春予定しています。好評のジャミンググローブも購入して来ました。L,M,S各サイズ数に限りが有りますので、早めにお問い合わせください。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.260 sec. Powered by WordPress ME