2013/7/27 土曜日

ロングステー廻り目平

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 9:19:13

今回は、お客様の日程の関係もあって、15日〜24日のロングステーで小川山でした。15日〜17日前半、18日〜21日が中判、22日〜24日が後半でした。予報的には余り芳しくはない予報でしたが、蓋を開けてみれば、後半の22日〜23日は午後からの雨、24日は一時間半ぐらい登ってからの雨になりました。この時期に、10日間毎日登れたと云う事もそうは無い事です。今月は16日間を小川山で過ごし、余り暑さ知らずの7月です。空はいわし雲、トンボが飛び交い、キノコ達があちらこちらに顔を出し始めています。秋の気配さえ感じられる廻り目平です。

13日、屋根岩2峰、セレクションにて不幸な事故が起きてしまいました。私の三十数年来の友人でした。誠に残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします。

▼父岩からの展望。3連休の後、駐車場には車が有りません。

P7160010.bmp

▼弟岩前の西股沢、涼しげな渓流です。

P7160023.bmp

▼写真真ん中にトンボが止まっています。

P7160024.bmp

▼金峰山荘対岸の岩場。

P7160025.bmp

▼17日、マガスラブの可愛い女。

P7170028.bmp

▼金峰山荘テラス。

P7180037.bmp

▼弟岩、春の雨上がり。

P7190076.bmp

▼弟岩、ジョイフルジャム。

P7190090.bmp

▼マガスラブへ行く途中にあったタマゴ茸。

P7200098.bmp

▼21日、春の戻り雪。

P7210125.bmp

▼23日、オムスビ山スラブ。

P7230163.bmp

▼24日、弟岩、ケンタウロス伝説。

P7240190.bmp

▼弟岩、下積み生活。

P7240186.bmp

夏休みに入りキャンプもいい時期となりました。快適な廻り目平です。避暑を兼ねてクライミングにお越しください。

2013/7/12 金曜日

小川山も梅雨明け

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 21:43:48

7月に入り、梅雨真只中の6日曇りの中、期待を込めて小川山に出掛けました。今回も6日〜8日で前半、9日〜11日で後半の講習です。6日10時半頃金峰山荘着。準備を整えて出発、前半のお客様は一人、お客様には久し振りの水晶スラブへ向かう。先行パーティーがアバタもエクボを登っているので私達は越境者から始める。ノンビリと登っているので、一寸の間アバタもエクボを空けてもらって2回位登り、フィンガーフレークを登って下のスラブへ移動。数回登り終了とする。山荘に帰着、知人から梅雨明けしたと聞く、平年よりは2週間位早い梅雨明け、明日から夏空を期待する。兎に角、アブに悩まされる。

7日晴れ、絵に描いたような夏空、廻り目平に夏がやって来ました。梅雨明け10日と云うが。これだけ手の平を返したような夏空は久し振りである。朝のニュースでは東京は大変な暑さになっているとか、此処は快適の一言。08:15山荘発、朝一番でマルチの春の戻り雪に向かう。ここもお客さまにとってここも久し振りのクライミングである。08:55取り付き、2Pで終了点09:40、4Pの懸垂下降で取り付き着10:10。後は、トムと一緒にとビスタ、往年、走れメロスを登って終了。夏空第一日目の廻り目平でした。何処に行ってもアブアブアブ。

8日晴れ、今日も朝から快適な一日の始まりである。スラブ状岩壁ガマルートへ向かう。09:50取り付き、1P目はハート&ソウルから入り、凹角下のBPで確保。2P目は、目の前の通常ルートの凹角には入らず、前から行こうと思っていた左の壁にロープを伸ばす。スラブ状のエッジングフェースからカンテをマントルぎみにこなして、ガバの小ハングを越えて終了。立木で後続の確保をする。約20m位、ガマルートのvarとして面白い。通常の凹角ルートが混んでいる時などは登ってみて下さい。ガマルート終了10:10.2Pの懸垂でマガスラブへ下り、ガマルート取り付きへ。周辺を何本か登って終了。前半が終了しお客様が帰宅に着く。

9日晴れ、毎日〜夏空が続く、今日から後半戦、10時過ぎ皆さんが到着。11時頃山荘発ソラマメスラブへ。平日はさすがに空いています。生木が倒れたよの所の大きな枯れ木が見事に切られていました。お陰で登り易いルートになりました。ソラマメ下部スラブ、生木が倒れたよ、三色すみれ、甘食とスラブの逆襲を久し振りに登りました。

10日晴れ、今日は今シーズン初めての右岸へ、兄岩上部へ向かう。モミジ、マガジンを登って2階のオバサン岩へ移動。ここは久し振りのクライミングです。私がオバサンになっても、母子草、子供をなめんなよを登り又兄岩に移動。頑張れクマさんを登って終了。

11日晴れ、東京は連日酷暑が続いているとの事、標高1600m位の所で快適なクライミング生活も今日で終了です。今日は、左岸スラブへ。アップでトムと一緒にの2本を登り、ビスタの夏休みの岩場へ移動。ここの3本を登って昼食。午後からはジャーマンスープレックスを登って6日間のクライミング生活が終わりました。韮崎で車を降りた時の暑さと言ったら、梅雨明けから6日間を快適に過ごしてきた罰が当たったようです。

▼8日、朝のの屋根岩。此の夏空です。

P7080036.bmp

▼7日夕方の大日駐車場。結構来ています。

P7070035.bmp

▼6日、水晶スラブへ行く途中に咲いていたハクサンシャクナゲ?廻り目平のシャクナゲはほとんどピンクですが、初めて白を見ました。

P7060010.bmp

▼水晶スラブ、久し振りのアバタもエクボ。

P7060003.bmp

▼春の戻り雪2P目。

P7070020.bmp

▼8日、ガマルート2P目、凹角ではなく左壁のスラブ壁に入りました。

P7080041.bmp

▼ガマの背中から、山荘と右岸方面。

P7080045.bmp

▼ガマルート、ガマの背中周辺で見つけた松の盆栽。高さ30?位で懸命に根を張っていました。

P7080048.bmp

▼9日、後半戦の始まりです。先ずはソラマメスラブ下部。三色すみれ、スラブの逆襲、甘食。

P7090072.bmp

▼10日、兄岩上部テラスよりの眺望。

P7100084.bmp

▼兄岩、モミジ。

P7100088.bmp

▼マガジン。

P7100096.bmp

▼ウォーリーを探せ。

P7100098.bmp

▼2階のおばさん岩、母子草と子供をなめんなよ。

P7100110.bmp

▼11日のジャーマンスープレックス。右手が最終ホールドに伸びます。

P7110144.bmp

▼久し振りの登場です。ガンバレクマさんの私です。

P7100115.bmp

暑い暑いを横目に、快適な6日間を過ごしました。帰宅して見ると現実の暑さが襲いかかります。次の小川山も長いので又快適なクライミング生活に戻れます。皆さんも避暑兼クライミングにお出かけ下さい。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.362 sec. Powered by WordPress ME