2013/6/27 木曜日

雨に濡れながら〜(^^♪・・たたずむ小川山

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 10:47:58

1970年代の歌謡曲に、三善英史の歌に「雨」と云う曲が有りました。雨に濡れながら〜たたずむ岩が有る。それを見つめてる月曜の昼さがり〜(^^♪・・・替え歌を書いてしまいましたが、正に今回の小川山は前半の2日間は何とか数時間登れたものの後半の方達は岩に触る事すら出来ませんでした。それ程悪くはなかった予報も数時間ごとに変わり、とうとう27日の予報も最悪予報となってしまいました。これ以上ここに居ても天気が好転する予兆も無く無駄な時間を過ごすだけと判断、残念ながら一日を残して26日ストーンマジックに転進、2日間雨のうっ憤を晴らしながら登り、梅雨真っ只中、今回の小川山はピリオドとなりました。いつもながら大変お疲れ様でした。又の機会に思う存分登って下さい。今回は、登った所が少ないので、登った所の写真をご覧ください。又、金峰山荘の夕食もご紹介します。

▼23日(日)の夕方の大日広場。誰もいない海〜ではなく、だれもいない廻り目平。静かなもんです。

DSC_0014.bmp

▼23日、マガスラブ。結構の人がいました。空いていたのがこの可愛い女varです。このダイレクトスラブから登ったのが、最初の一本。

P6230002.bmp

▼隣の可愛い女。

P6230004.bmp

▼次は、放浪癖。

P6230005.bmp

▼穴があったら出たい。

P6230006.bmp

▼穴があったら出たいを右クリップで登る限定バージョンスラブ中々シビアなスラブです。

P6230008.bmp

▼このデロリンマンを登って終了。・・とした所で結構の降りとなり、私達は余裕で片付けましたが、他のパーティーはロープ回収に右往左往でした。

P6230009.bmp

▼23日の雨も降ったり止んだりで、24日もいつ降ってくるか分からない中、近くて一番登れそうなトムと一緒にへ、多少濡れてはいたものの登るのに問題なく、varも含めて(写真なし)登りました。知り合いが来たので、B&W、ジャーマンへお引っ越しです。

P6240013.bmp

▼久々のB&W。核心の左一歩。・・・う〜ん中々立ち込みが出来ません。

P6240017.bmp

▼まだ若干湿っぽいジャーマンスープレックス。ここは右一歩、最初の立ち込みです。

P6240019.bmp

▼25日から来た方は小川山の写真が有りません。26日ストマジへ転進、雨のうっ憤を室内壁で晴らします。

P6260027.bmp

▼まさか岩に触れる事すら出来ないとは・・思いもよりませんでしたでしょう。その恨みを5.10c/dで晴らします。

P6260028.bmp

▼こちらも、真白な岩肌を眺めては、触れもせず・・で、リード壁を3本連ちゃんで憂さ晴らし。

P6260024.bmp

▼25日の夕食は、豆乳鍋。私は3連泊目だったので、特別御相伴に与り、ローストビーフを頂きました。美味しかった。

P6250022.bmp

う〜ん、まあ〜こう云う時も有りまさ〜ね。次回は7月6日からです。う〜んやはり小川山だね。・・と云う様な快適クライミングを期待したいですね。乞御期待です。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.263 sec. Powered by WordPress ME