2013/3/25 月曜日

八ケ岳、春だったんだね〜(拓朗調)

Filed under: アイスクラミング — 廣瀬 憲文 @ 9:36:19

今シーズン最後のアイスになるかも知れない赤岳鉱泉のアイスキャンディーに23日〜24日で行って来ました。デポした荷物を下ろさなければならない事も有りました。美濃戸口で車を下りるとな・な・何とかなりの暖かさではないか、茅野からの道も雪のかけらすら有りません。八ケ岳山荘〜赤岳山荘間も所々は凍っている場所もあるのですが、軽自動車もチェーン無しで平気で赤岳山荘まで上がって行きます。赤岳山荘から赤岳鉱泉までも一番凍っているのはショートカットですが、上手く雪の有る所を右左を使い分けて歩けばアイゼンなしでも問題ありませんが、雪道の歩き方に慣れていない人はアイゼンを付けての歩行をお勧めします。汗をかかない程度にゆっくり歩きなんですが、ポカポカ陽気のせいで自然と汗をかいてしまいます。3月も終わりに近づいてはいますが、こんなに春だったんだね〜を感じました。

午後、一寸してからアイスキャンディーへ、いや〜あ、かなりの人が登っています。アイスキャンディーの氷の解け方が異常に早く、危険との判断で半分位が立入禁止としているので、Trを張る場所が限られています。遅めに練習に来てもロープを張る場所がなく、空くのを待つか、一寸入らせてもらうかで皆さん何とか練習をしていました。土曜日の宿泊者は160名位との事、土曜日は、多くのガイドさん達で賑わっていました。今シーズンの冬の八ケ岳もそろそろ終焉を迎えて来ているようです。24日で小屋のスタッフもかなりの人が下りました。又夏山シーズンが来るまで、一寸の静かさを取り戻すことでしょう。

▼定点観測の横岳西壁、大同心大滝も、南沢大滝も最高のコンディションのようです。じゃあ、いつ登る、今でしょう。う〜ん一寸世の中に流されて来ているかな。

P3230004.bmp

▼アイスキャンディー、いい感じですが、写真で見える面は、全面禁止エリアとなっています。

P3230005.bmp

▼土曜日午後は此の状態です。此の面と左側面が3〜4本位の場所がクライミング可能です。

P3230006.bmp

▼今シーズン2回目のアイスです。アックスは、BUBUのフラミンゴ。

P32300181.bmp

▼ブログで紹介したグリベルマスターアロイSタイプの初登りです。今までの物よりは、短いので最初は変な感じを受けますが、使って一寸慣れると全く違和感も無く、軽いので何となく振り回しが出来るようでいい感じのアックスです。ただ、握り手が一寸小さいので、大きめの手の人には、グローブを着けると握りずらい感が有ります。勿論、シャープニングしてあるので刺さりは抜群です。女性向きかも。確かに、ノミックも抜群ですが、一寸高いですが、これからアックスをと考えている方、これも視野に考えてみても良いかも知れません。

P3240024.bmp

▼大同心をバックにいい感じです。

P3240026.bmp

▼ただ登るにも飽きるので、限定にも挑戦です。この細い所を限定で登ります。

P3240036.bmp

▼こちらはマーキングした限定ルートです。出口がハングしてますが、それ程難しくは有りません。

P3240039.bmp

▼日曜日、赤岳鉱泉主催のアイスクライミング体験会。来週で最後との事です。アイスクライミングの底辺がかなり広がって来ているようです。皆さんこれからも続けて欲しいものです。

P3240030.bmp

両日良い天気に恵まれ、楽しいアイスクライミングが出来ました。仲間のガイドが登って来た南沢大滝は最高のコンディションだそうです。ここなら日帰りでも充分楽しむ事が出来るので、もう一度位この辺に出掛けてみたいものです。

2013/3/22 金曜日

湯河原は春満開

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 20:55:53

良い天気に恵まれました。21日、久し振りの湯河原幕岩に行って来ました。梅の宴も終わり、静かな幕山公園でした。2〜3日前の夏模様に比べると、一寸肌寒い様な感じもしましたが、快適なクライミングが出来ました。知り合いの幕岩常連パーティー達も来ていて久し振りに話しました。桃源郷は皆さん最初のアップに使い始めたので、私達はアリババの岩場で登り始めました。アリババ、シャワーコロン、ニューアライ、アン、アニー等で練習、練習です。午後からは、桃源郷で蟻さん、サンセット等を登って終了です。公園内のコブシは満開、ソメイヨシノ、大島桜等は咲き始めました。梅の花は見事に散り終わったようです。これからが幕岩での本格的なクライミングシーズンとなります。幕山公園のバス停留所が変更になっていました。既存のバス停留所より更に上になって、下の駐車場に新設されました。通年のバス停となりますと書いてあったので、管理棟にかなり近くなって便利になりました。料金は今まで通りです。

▼定点観測の幕山です。まだまだ冬の山ですが、もう直ぐ緑が目立ってくる事でしょう。

P3210001.bmp

▼新しいバス停留所です。かなり近くなりました。

P3210040.bmp

▼アリババの岩場、シャワーコロンとアリババです。

P3210002.bmp

▼中々クリア出来なかったアリババ、今回は、一番最初でクリアです。(^_^)v

P3210008.bmp

▼ニューアライ、こちらも(^_^)/~です。

P3210013.bmp

▼シャワーコロン、終了一手前。

P3210019.bmp

▼アン、出だしの左乗り込み。

P3210025.bmp

▼午後は、桃源郷でインチキするな。

P3210034.bmp

▼サンセット、中々思うようにバランスが取れません。核心に入ります。

P3210036.bmp

▼湯河原上り線ホーム前に咲いているソメイヨシノ。

P3210042.bmp

クライミングにとっておきの時期となりました。幕山も綺麗な季節となりました。さ〜あ、皆さんお弁当を持って出掛けましょう。

2013/3/13 水曜日

城ヶ崎桜は満開

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 21:43:57

平成22年11月以来の城ヶ崎に11日〜12日で行って来ました。クラック初心者の為、二日間とも富戸のフナムシロックでみっちりとジャミングを練習しました。11日は、余り陽射しも無く一寸肌寒い位の中を北の岩南面、純、鬼殺し、オバステ正宗等でジャミングを体感してもらいました。宿泊は、富戸駅に一番近い「民宿うおはま」でした。

12日、朝から良い天気です。時間に連れて暖かさも増しシャツ一枚でOKです。11日の復習をしてから南の岩東面のパープルシャドーと南の岩南面のネッシーに挑戦です。一寸前まで取り付き敗退だったパープルシャドーも今回は見事に完登です。フレアーチムニーのネッシーでは皆さん苦労していましたが何とか完登しました。まだ完全にすんなりとは行かないので次の課題として2日間の城ヶ崎は終了となりました。駅からの道では城ヶ崎桜も見事に満開です。2日間、ボルダーラー4人と釣り人2人しか見なかったフナムシエリアでした。又次の講習が楽しみです。

▼2年4ヶ月振りの城ヶ崎フナムシエリア。

P3110002.bmp

▼4人綺麗に並んで、これからヨーイドンで登るんでしょうか。

P3110005.bmp

▼ヨーイドンで登り始めました。どちらが早くゴールするのでしょうか。

P3110015.bmp

▼北の岩南面、ジャミングが決まったのでしょうか。

P3110016.bmp

▼フィンガークラックに手こずりながらも頑張ってます。

P3110025.bmp

▼左手のジャムを効かせ、両足をステミングし、これから右手のジャムに入ります。

P3120047.bmp

▼南の岩東面、パープルシャドーを見事完登しました。\(^o^)/

P3120061.bmp

▼パープルシャドー取り付き、こちらも楽ではありませんが、見事完登です。

P3120063.bmp

▼南の岩南面、ネッシー。フレアーチムニのフェースクライミングです。

P3120057.bmp

▼画になります。宮本武蔵の墨絵に百舌が枯れ木にが有りますが、こちらは、トンビが枯れ木にです。

P3110023.bmp

▼大島を背景に、2日間の戦いが終わって皆さん笑顔の凱旋です。

P3120070.bmp

▼城ヶ島桜、河津桜の一種だそうです。花びらの色が薄いのと中心が濃い色になっているのが、特長だそうです。富戸の駅前に咲いていました。道沿いは満開です。かなりの種類の花々が咲き始めました。伊豆はもう春ですね〜。ちょっと岩登りに誘ってみませんか。キャンディーズの春一番の歌詞にこんなのがありました。

P3120071.bmp

2013/3/2 土曜日

Mt・Dax新製品とグリベル、マスターアロイ

Filed under: 登攀用具 — 廣瀬 憲文 @ 15:33:00

マウンテンダックス社さんより新製品のご提供品を送って頂きました。それとマジックマウンテン社さんよりグリベル、マスターアロイアイスアックスを送って頂きました。これらの製品をこれから使ってその真価を確かめて行きたいと思っています。後日にそれらの報告を又此のブログにて掲載できればと思っています。

▼グリベル、マスターアロイアイスアックス。長さ45?のショートタイプ、重さ560g、アルミシャフト。マジックマウンテン社が輸入代理店です。ちなみに1本¥49.350です。

P2260002.bmp

▼ピックをシャープニングしたものです。

P3020015.bmp

▼一番上は、BUBUのムルシェラゴアルミシャフトのドライ用ピックをアイス用にシャープニングしたものです。真中は、マスタアロイのアイス用ピックをシャープニングしたものです。一番下は、マスターアロイのオリジナルアイス用ピック。

P3020012.bmp

▼左から、マスターアロイのオリジナルピック。中、マスターアロイのシャープニングしたピック。右、ムルシェラゴのドライ用ピックをシャープニングしたものです。

P3020011.bmp

▼フランスシモン、アルパインザック ジョラス40L+5L ザックの生地がナイロンではなく、一寸変わった綿ぽいアクリル生地を使っています。Daxさんはザックメーカーなので多分此のザックは輸入されないと思います。今度使うのが楽しみです。

P.bmp

▼シモンのアクセサリーロープ7?×4mです。補助ロープ、ロープワークの練習等に使ええそうです。以下の製品は、MtDax社が取り扱っています。

P1.bmp

▼クライミングテクノロジー(CT)からの新製品で、アイスフック。写真右のようにアイススクリューに通して使います。クイックドローを取り外す手間がなくなります。これも今シーズンに使えたら使ってみたいです。

P2.bmp

▼展示会の写真でも紹介しました(CT)のロールンロックと云うミニアッセンダー。ロープマンの改良品のような物です。小さいので常に携行できるギアです。

P3.bmp

▼MtDax社が製造しているギアバック(物入れ)です。既存の製品ですがカラバージョンが変わりました。

P4.bmp

色々な登山用具が日々開発されては製品となり、一方では消えて行く運命の品物も有ります。登山用具も温故知新、古き単純な道具から今の研究されつくされてきた安全で使いやすさとデザインを重視した物に変わって来ました。服装も過去の物から一新されて、デザイン、カラバージョン、着やすさ、機能性の高さが求められそれに変って来ました。登山人口が増えて来ている現在では登山用具の需要が高まって来ています。又アウトドアブランド製品を着て歩いている若者を町中でも多く見られるようになりました。一寸お高いですが、アウトドアブランド製品の機能性が受け入れられて来た賜物です。これからも良い製品を送り出していただき、私達ももっともっと需要を広めて行きたいと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.301 sec. Powered by WordPress ME