2012/11/14 水曜日

獅子岩晩秋

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 21:01:36

今日は、朝一寸早出して群馬の子持山獅子岩のルートクライミングへ行って来ました。ここは、2011年5月の初めに行った以来です。月曜日から火曜日辺りに掛けて降ったらしい雪が、獅子岩取り付きの所々にまだ残っていました。周りの広葉樹木も紅葉を通り越してもう赤さび状態になって来ています。獅子岩晩秋と言った所でしょうか。7号橋駐車場には、2台しか駐車してありません。1台はハイキングらしき車です。天気は上々、08:15駐車場発、子持山登山道を植林道から広葉樹林へと抜け、獅子岩基部へ、登攀準備をして09:15登攀開始、50m2本を使用、前回同様に2P分を1Pで登る。暖かな日差しの中、快適にロープを伸ばす。フォローもいい調子で登って来る。3Pを終了して事実上の登攀終了、最後に獅子岩の頭に出る為のクライミングをして11:20獅子岩の頭に出てクライミングが終了しました。装備を片付けした後、子持山登山道へから獅子岩取り付きに戻って昼食を取り、13:00駐車場着、帰路に着きました。私達1パーティーだけの貸切ルートでした。

▼取り付きから見上げた獅子岩、中央辺りがルートになっています。

PB140003.bmp

▼山モミジ、アカシデの見事な紅葉がまだ残っています。

PB140030.bmp

▼取り付きにて。

PB1400281.bmp

▼登攀開始、二人とも初めてのルート。

PB140007.bmp

▼2P目(ルート的には3P目)のワイドクラックで奮闘中。

PB140011.bmp

▼2P目(ルート的には4P目)の終了間際。

PB140015.bmp

▼上の写真と同じ、2P目終了間際、高度感も有り、最高のクライミングです。

PB140016.bmp

▼登攀終了から獅子岩頭へのクライミング、短いけれど侮れない。

PB140020.bmp

▼獅子岩の頭にて、右後ろが子持山。

PB140022.bmp

▼獅子岩の頭に鎮座する石碑。

PB140023.bmp

一寸寒いかな・・と思っていたのですが、一寸降った雪が多少の湿り具合をもたらし、いい具合のクライミング条件でした。アプローチも40分位で快適な一日でした。又登ってみたいマルチルートの1本です。

2012/11/12 月曜日

クライミングフェスティバル

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 18:03:40

HAS(廣瀬アルパインスクール)クライミングフェスティバルを10日〜11日で湯河原幕岩で開催しました。昨年は、残念ながら開催に至りませんでしたので、昨年の分も含めて今年は豪華賞品となりました。思い越せば、平成12年の秋、小川山で開催したHASクライミングコンペに端を発し、今年で13年目を開催する事が出来ました。小川山の頃は、コンペ方式で、フェニックスの岩場で、中央のクラックルートで登って懸垂下降をしてのタイムトライアルで行いました。良い賞品が掛っているので皆さん必死で登っていたのを思い出します。2〜3回位小川山で開催して、湯河原幕岩へ変更しました。やはり近い事も有って皆さん気軽に参加する事が出来るようになり楽しい2日間を過ごします。湯河原に変わってからタイムトライアル方式を止めて、アミダクジ方式に変更しました。これで参加してくれた皆さんどなたにでも良い賞品が当たるチャンスが出来ました。今回もアミダクジで皆さん緊張度を高めていました。お陰様で16名の参加者で、2日間の岩登りと土曜日夜の宴会及び抽選会で久し振りに大盛り上がりでした。

土曜日は快晴、クライマーも多く、私達も大人数なので、パーティーを分散して登れる所を登ってもらいました。日曜日は曇り後雨、天気が悪い事もあってか、土曜日ほどの混雑差も無く、おもいおもいのルートを楽しんだようです。13時半頃にポツリポツリと来始め、14時前には良い降りになって来ました。勿論、ぽつりぽつりの時でクライミングは終了してあまり濡れずに駐車場に戻る事が出来ました。

▼ 土曜日の幕山、結構色付いて来ているのですが、写真だと余りはっきりしません。

PB100028.bmp

▼今回参加してくれた方々です。有難うございました。

PB100031.bmp

▼桃源郷に向かいます。

PB110034.bmp

▼久し振りのアリババ、指の痛みに耐えます。

PB100001.bmp

▼シンデレラフェース。

PB100004.bmp

▼割礼でも遠くから来てくれた友人が登っています。

PB100007.bmp

▼アボリジニ、久し振りのクライミングに指の皮が喜んでいたようです。

PB100012.bmp

▼アリババの岩場で、左からシャワーコロン、アリババ、アンを登っています。

PB100017.bmp

▼マゾおけさ、中々細かいルートなので、足を確実におけさえすれば楽です。

PB100021.bmp

▼こちらもどえりゃ〜久し振りの岩登りでも、憧れのハワイ航路のムーブは出来ていました。又頑張りましょう。

PB100025.bmp

▼遠くから来てくれた友人の弟子、まだまだこれからですが、がんがん登って上手くなって欲しいですね。又遊びに来て下さい。アニーに挑戦しています。

PB110053.bmp

▼アラジン、此の後ポツリポツリと来始めたので終了となりました。

PB110057.bmp

今回も遠くから来て頂き有難うございました。楽しんで頂いた2日間でした。クライミングも久し振りの方が多い中でしたが、皆さんこの辺は結構登っているのでムーブは出来ています。・・が、いかにせん指の皮が持ちません。お手手がいていてで帰って行きました。又一緒に登れる事を楽しみにしています。有難うございました。

2012/11/2 金曜日

晩秋から初秋へ

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 20:59:43

10月で小川山講習も終了となり、一年半ぶり位で湯河原幕岩へ行って来ました。両日とも良い天気で、水曜日はかなりのクライマーで賑わっていました。木曜日も水曜日程ではないのですが20名位のクライマーがあちらこちらのルートを楽しんでいたようです。小川山の晩秋から日和田、幕岩の初秋の世界へ誘いましょう。幕岩では、アリババの岩場、桃源郷のルートでリード練習を含めて登って来ました。此のブログでは、28日、29日のストマジから30日の日和田、31日、11月1日の湯河原幕岩までの5日間の写真を掲載してみます。

▼29日ストーンマジック、新ルートを登っています。

PA290003.bmp

▼29日ストーンマジックこれも新ルートです。

PA290004.bmp

▼30日 日和田、定点観測位置から、まだ色付きが浅いですね。29日に男岩西面で事故が起きたようです。詳しくは分かりませんが、30日に埼玉県警が現場検証に来ていました。ヘルメットを被っていなかったようで、頭蓋骨陥没のようで生死は不明です。原因もハッキリと分かりませんが、多分ヘルメットを被っていたらこのような大事に至る事は無かったと思われます。皆さんも十分お気を付け下さい。

PA300001.bmp

▼男岩の頂上辺りにある柿木にいくつかの実がなっています。確かこれは渋柿だったと思います。まだ緑の中に柿色がちょっと嬉しいですね。

PA300006.bmp

▼男岩西面、松の木ハング。リード&ホロー最後の7本目です。頑張って良く登りました。

PA300012.bmp

▼31日湯河原幕岩、定点観測位置からの茅ケ崎ロック。日和田よりは色付いているような気もしますが、ミカンもまだ余り色付いていませんでした。これから寒さが増してくると日に日に変わってくる事でしょう。

PA310029.bmp

▼アリババの岩場に咲いているホトトギス、秋の花ですね。

PA310007.bmp

▼アリババの岩場、左アリババのvarと右アンの取り付き。

PA310008.bmp

▼アリババを登る。

PA310003.bmp

▼1日 桃源郷、日本100岩場によると、こちらが蟻さんルートのようです。今まで蟻さんルートとされていた左のルートがインチキするなのようです。最初の1本は、蟻さんルートのリードで。

PB010030.bmp

▼サンセット、中々手強いルートです。

PB010035.bmp

▼アボリジニ、いい形で登れるようになりました。

PB010041.bmp

▼午後からはアリババの岩場へ、シャワーコロンは久々です。

PB010051.bmp

▼1日のメンバー、アリババの岩場で。

PB010059.bmp

▼補足の1枚、ガリバーの岩場。えぐられた木の根が散乱しています。台風かの影響でこの様になったのでしょうか、以前より明るくなり、快適そうです。

PA310011.bmp

11月に入り、関東近郊の岩場はクライミングには絶好の季節となって来ました。皆さんもどんどんお出かけ下さい。次の幕岩は、10日〜11日で、恒例のHASクライミングフェスティバルの開催です。楽しみです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.249 sec. Powered by WordPress ME