2011/9/26 月曜日

秋の味覚、きのこ鍋

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 10:39:51

前回の3連休は雨予報で中止としてしまいましたが、此の23日〜25日の3連休はお天気マークが並んだので小川山に出掛けてみました。でも。いざ出掛けてみると、中央線では、途中かなりの雨が降っていたり心配な空模様だったのですが、小淵沢辺りでは曇りとなっていたので一安心と思いきや、この台風の影響で小海線が野辺山止まりとなってしまい急遽あちらこちらに連絡をして何とかいつもより一寸遅れて無事に金峰山荘に到着。(小海線は、24日に全線開通しました)支度をしてソラマメスラブへ、山荘周辺では朝方は軒並み一桁台の温度だそうで寒いわけです。やはり3連休の初日でしょうか、駐車場は結構止めてありました。知り合い1パーティーのみのソラマメスラブ、下部岩壁の4本と上部岩壁のソラマメハングとロングロングアゴーの6本を登って終了。山荘に帰って来てから夜半まで降雨となりました。冷たい雨で、テントの人は寒かった事でしょう。

24日、ドピーカン、秋空そのものです。駐車スペースがないくらい全国から来ています。西股沢が増水で向こう側の岩場に行く人がほとんどいないので左岸の岩場が混雑しそうと思い山荘を早めに出発、まだ誰も来ていないマガスラブ。2人が入ってくるのでそれまでいつものルート登っていると段々と人が集まり始まりました。2人が到着した頃はもう各ルートが登られていました。私達は久し振りに、今はルートらしきものが存在しない小川山ショートストーリーを登ってみました。取り付きは日陰となっているのでビレーは肌寒く、ルートを数メートル登ると陽射しがあるのでクライマーは暖かく登る事が出来ました。帰宅する3人を見送り4時頃まで登って山荘へ。部屋には炬燵を出して暖かく過ごしました。

25日山荘の気温は2℃、9月の早霜は記憶にないと言っていました。天気は良いので今日は屋根岩2峰セレクションへ、人気ルートなので今日も早めに出発、2峰にはだれもいません。早速準備をして09:10出発。クラックから入り、下部スラブを登って1P目の終了。2P目は、トラバースからチムニーを抜け松の木テラスで終了。スクイーズクラックから凹角状を抜けスラブを登ってスリングの掛っている木で3P目の終了。スラブを少し登り、左へ2〜3歩のトラバースして木に掛っている赤いスリングから3mくらいクライムダウンして又左10m位のトラバースを行う。此のトラバースは高度感も有りセレクションルートのハイライト凹角クラック下で4P目の終了。5P目は、上部ハンドクラックか右のフレーク状クラックの2ルートが登れます。ここは直上のハンドクラックを登ってセレクションルートが10:10終了しました。一寸休憩後50m一杯の懸垂下降と歩きで2峰取り付きへ帰着。昼食後ソラマメスラブへ移動、空いている所を登ろうとしたが、何やらポツリポツリ、一寸待機して何とか登れそうになったので、生木が倒れたよ、三色スミレを登って早めの山荘帰着。帰り支度を整えていつもより早めに帰宅しました。前回の3連休が行く事が出来ず残念でしたが、今回の3連休はまず〜の天気で全日程登る事が出来ました。お疲れ様でした。

これからクライミング、キャンプ等で廻り目平にお出かけする皆様、朝夕はかなり冷え込みますので、防寒支度を完璧に、虫類はほとんどいなくなりました。今の時期はそこら辺にキノコが沢山生えています。くれぐれも分からないキノコは食べないようにご注意ください。

▼25日セレクション終了点からの金峰山荘方面。

P9250113.bmp

▼ソラマメスラブ。生木が倒れたよと甘食。

P9230005.bmp

▼スラブの逆襲、いい形です。これから右足乗り込みに入ります。

P9230022.bmp

▼ソラマメハングとロングロングアゴー。

P9230028.bmp

▼マガスラブ、可愛い女var(廣瀬バージョンスラブ)。

P9240053.bmp

▼シュワッチ、ウルトラセブン。

P9240058.bmp

▼小川山ショートストーリーらしき所をアレンジして登ってもらいました。

P9240057.bmp

▼25日、屋根岩2峰セレクション1P目のスラブ。

P9250095.bmp

▼一寸奥に入り過ぎてしいました。人サンド状態です。

P9250106.bmp

▼今週のベストショット。高度感抜群ですね。

P9250110.bmp

▼セレクション終了点にて。ポーズを後の岩と同じにしました。快適クライミングでした。

P9250118.bmp

▼おまけの写真です。23日に採った「ほうき茸」(ねずみ茸)とも言うそうです。

P9230001.bmp

▼24日の夕食。ほうき茸が此の鍋と炒め物になりました。秋の味覚、きのこ鍋。うまかあ〜です。

P9240091.bmp

今度小川山に行けるのが約一ヶ月後となってしまいます。素晴らしい紅葉の中でのクライミングとなることでしょう。

2011/9/19 月曜日

空は秋空、陽射しは真夏

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 9:15:59

これ程残暑が厳しい9月があっただろうか、8月頃のように朝からジメ〜の蒸し暑さは多少なりとも解消はされたが、日中は相変わらずの残暑が厳しい。日曜日は日和田の仕事が入ったので一寸遅めの日和田へ、土曜日からマンジュシャゲ祭りが行われている高麗周辺、駅前は物産店で一杯、天気も良くなって来たので人出もかなり多くなっている。お目当てのマンジュシャゲはまだ数える位しか咲いていない。今度の3連休辺りはかなり混む事でしょう。

岩場も3連休の初日で出鼻をくじかれた人達が30人位は来ていました。しかし暑い、今日は女岩西面ハングのルート考察と云う事がメインなので、午前中は男岩のリード&ホローで4本位を登り午後から女岩西面ハングへ、久し振りに中央ルートをリードで登りTrを張る。中央ルート、右ルートとホールド、スタンス、ムーブを確認。今後の成果が期待される。最後に最右ルートを登って終了。今日も又暑い一日だった。

▼高麗駅前、人人人、秋空にチャンスンが生えます。しかし暑〜い真夏日。

P9180001.bmp

▼全てがこんなに咲いてはいません。高麗川のほとりにあった一グループのマンジュシャゲ。

P9180005.bmp

▼あまりにも優雅に泳いでいます。高麗川の鯉。

P9180006.bmp

▼男岩西面。

P9180010.bmp

▼女岩西面ハング。

P9180014.bmp

▼さあ〜、これからです。

P9180019.bmp

▼最右ルート。

P9180021.bmp

2011/9/12 月曜日

ワレモコウの向こうに

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 23:19:19

久し振りの外岩、小川山には、19日に行く事は行きましたが、20日の朝一番で急に帰宅しなくてはならない事が出来帰りました。それから台風の影響で中々出掛ける事が出来ず、やっと仕事が出来ました。9日〜11日の3日間小川山で過ごして来ました。お盆が終わってから秋らしい気配が感じられるようになったようです。数日前には朝方7℃と云う事もあったようです。確かに此の3日間も日中は暑い位ですが、日陰とか、朝夕では、夏の最盛期とは一寸違いますね。適度に乾いた花崗岩の岩肌は素晴らしいクライミングの世界を見せてくれます。

9日、快晴、新しいハーネスとクライミングシューズを試す事も含めて、マガスラブへ、クライマーの姿はありません。皆さん久し振りの外岩と云う事なので、ウルトラセブン、可愛い女、高い窓を登って終了となりました。

10日、快晴、今日からの参加する人が分かりやすいオムスビ山スラブへ、無名ルート、ラベンダー、リメンブランス等を登りながら待っていると昼前に到着、午前組と交代し午後組は午前組のルートへ、午後組はホンニャラゴッコ、ジェイコブズラダーへ一日中良く登りました。

11日、晴れ時々曇り、日曜日なのでメジャーな所は混みあって登れない可能性もあるので、ほとんど混んだ事の無い最高ルーフ左の岩へ、最高ルーフ見学ルート、白糸等を登って水晶スラブ下にあるスラブルートへ転進、ここの2本のルートを登って3日間のクライミングは終了です。久し振りの外岩で快適なクライミングが出来ました。

▼ワレモコウの向こうに見えるのは、屋根岩岩峰群。

P9110074.bmp

▼金峰山荘まえにあるナナカマド、色づいて来ました。

P9100030.bmp

▼マガスラブ。

P9090017.bmp

▼マガスラブ、高い窓。

P9090026.bmp

▼オムスビ山スラブ、数年前に掲載した事が有るオムスビ山盆栽。しっかりと生きています。

P9100032.bmp

▼オムスビ山スラブ。長いルートがいいですね。

P9100044.bmp

▼今回のベストショットの一枚です。リメンブランス。

P9100063.bmp

▼今回初参加です。細かいスラブに中々大変のようでした。

P9100069.bmp

▼何茸何でしょうか、

P9110075.bmp

▼最高ルーフ左の岩、取り付きの一歩です。

P9110087.bmp

▼水晶スラブ下の岩、快適クライミングで終始しました。

P9110118.bmp

空が高くなりました。廻り目平も何処となく秋の気配が感じ取れます。今月は、来週、さ来週と小川山の予定です。快適クライミングを体感しましょう。

2011/9/6 火曜日

展示会?

Filed under: 未分類 — 廣瀬 憲文 @ 22:18:15

こちらのブログはほぼ一ヶ月振りの更新です。今回は、山で無く展示会の新製品を掲載します。

先月に開催された展示会には行く事が出来ず残念でした。今日は、2012年の展示会に行ってみました。場所は浜松町の都立貿易産業センターです。四社合同展示会で、今日が初日で8日まで開催されています。

株式会社ダックスとバーテックスコーポレーションの2社を見て来ました。ダックスさんは新しいザックとクライミングテクノロジーのNEW制動器とシモンの新製品のクライミングシューズ他が目に止まりました。バーテックスさんはコングの新製品でワイドクラック用に開発されたジプシーと云うユニークなカムデバイスを見て来ました。マジックマウンテンさんは時間が無くて見る事が出来ませんでしたが、8日までに行けたら見に行こうと思います。

▼マウンテンダックスのブース。新型ザックが展示されています。

P9060005.bmp

▼クライミングテクノロジーの新製品です。昨年発売されたクリップアップキットのWロープ用のアルパインアップキットです。写真のようにかなり細いロープから対応可能のようです。

P9060004.bmp

▼シモンのコナー。クライミングシューズ等が新しく加わりました。ジュニア用から多種のシューズがあります。

P9060007.bmp

▼シモンの新製品、「ヴァルデ ベルクロ スリッパ」ソールはビブラムです。モニターで履くために持ち帰って来ました。今度の小川山で試し履きをして来ます。履いてみましたが、足入れはとても良いです。ソールがどうでしょか、楽しみです。

P9060008.bmp

▼コングの新製品「ジプシー」ワイドクラック用に開発されたカムデバイスです。ユニークな形ですね。こちらも使える手だてはしてありますので、使ってみるのが楽しみです。

P9060006.bmp

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.410 sec. Powered by WordPress ME