2011/7/14 木曜日

猛暑の中のオアシス

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 10:18:39

梅雨明けから10日、節電対策の折、連日猛暑が続いておりますが、皆さん元気に登ってますか、都会ではグッタリ、小川山ではユッタリ、金峰山荘ではマッタリ、夕食後はマッコリ・・・とはゆきませんでした。

12〜13日でその快適な小川山でした。日中の陽射しは強いのですが、朝夕は涼そのものです。毎日のように雨は降るのらしいのですが、降雨量が少ないらしく西股沢も水量が増えないようです。12日は、初めて右岸のリバーサイドへ出掛けてみました。堰堤の所は石伝いに渡れます。リバーサイドは一寸湿りがちで、なんかコケ類が生き生きと感じられました。アウトオブバランス、マダムバタフライを登った所でいきなりの降雨、かなり大粒で降って来たので直ぐに片づけて取り敢えずは山荘に戻った所で雨も止み、乾くまで昼食タイムを取り、それから兄岩へ向かいました。兄岩への渡河は石を投げ入れ、石伝いに渡れるようにして渡りました。最初に久し振りのピクニクラを登り回収、タジヤンに移ろうと思った所、上空は真黒に変身、これは今度は本物だと思いこみ、早急に終了して山荘へ戻った所、ほとんど雨は降らず、いつわりの黒雲にしてやられました。

13日、快適な睡眠から目覚め、外は快晴、真夏の空です。これも久し振りのガマルートに取り付きました。バナナケーキからガマルートに入りました。4Pでガマの頭に出て、風と共に去りぬの最終ピッチを懸垂してTrで登ってみましたが何回も登っている此の最終ピッチですが、3ピン目から4ピン目の核心部分が全く登れず返り討ちにあってしまいました。スラブ状岩壁に戻り、ハート&ソウル、ケロヨン等を登って終了。午後から多少の入道雲は出て来たのですが、危なげのない一日でした。全体的に多少湿りがちな岩場ですが、快適そのものクライミングにお出かけ下さい。アブが多く出ています。虫対策をお忘れなく。

▼ガマの背中からの金峰山荘と右岸の岩場です。

P7130027.bmp

▼春ゼミでしょうか、木ではなく保護している網に登って羽化したようです。

P7130040.bmp

▼右岸への渡河、石伝いに渡れました。

P7120001.bmp

▼リバーサイド、アウトオブバランス。

P7120003.bmp

▼兄岩、ピクニクラ。長くて良いルートです。

P7120007.bmp

▼ガマルート、スタートは、バナナケーキ。

P7130012.bmp

▼風と共に去りぬ、最終ピッチ。素晴らしいフェースですが、中々シビアです。

P7130032.bmp

▼スラブ状岩壁、ハート&ソウル。

P7130034.bmp

▼ケロヨン。

P7130037.bmp

ほとんど貸切岩場でした。クライミングは、やはり平日がいいですね。もうそろそろ夏休み、今年は節電の夏をキャンプで過ごそうなどと思っている方が多いのではないでしょうか、暑い都会にさよならして、アウトドアライフを満喫しましょう。おまけにクライミングでも初めてみては如何でしょうか。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.248 sec. Powered by WordPress ME