2011/6/19 日曜日

小川山わ・・・今日も〜寒かった〜

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 22:49:50

天気予報に翻弄されながら、最終的に金曜日の午前中に行ってみましょう・・・と決めて土曜日小川山に出掛けました。嫌な雰囲気の雲が低く覆っています。09:56小淵沢発の小諸行きに乗車、今回はスーパーあずさが8分位遅れで到着、小諸行きもそれに接続してからの発車となりました。11:20頃金峰山荘着、午後からの降雨確率が高いので、直ぐに出発、金曜日は一日降っていたようで、濡れの少ない岩場と云う事で、スラブ状岩壁に向かいました。今シーズン小川山が初めての人がいたのでまずはケロヨンから登って、取り敢えず2回登ってもらい、直ぐ左にあるガマルートの1ピッチ目を登り終わった所で一寸大粒の雨となり雨足も強くなり始めたのでそこで終了となりました。まあ〜一寸は登れたので良しと致しましょう。それからは段々と雨足ももっと強くなり、本降り状態と化してしまいました。岩場は見る見る内に濡れ始め、ビシュヌれ状態で足早にテントに戻るボルダーが何人か見えました。

19日、太陽を期待したのですが、残念ながら曇り空の上に一寸危なげな雲行きです。又予報が変わってしまったのでしょうか、今日は晴れマークが出ていたはずなんですが、食事も早めに済ませ、山荘をいつもより早めに出発、多分少しは乾いているだろうとの思いでマガスラブへ、だれも登っていません。岩場の下部は結構濡れていますが、取り敢えずウルトラセブンから登り始め、可愛い女、(右、左)オーウェンの為に祈りを、高い窓、デロリンマン辺りを何回か登って終了。午後辺りから又前回のように何となく肌寒く、予報とは全く違う天気となってしまいました。それでも何とか終了まで降られずにクライミングする事が出来ました。行く道の木立の中では、ギンリョウソウがあちらこちらで咲いていました。

▼霧に霞む烏帽子岩、左岩稜を登っている人がいました。

P6190014.bmp

▼ギンリョウソウの最花期です。沢山咲いています。

P6190009.bmp

▼猿の腰掛の一種でしょうか、腐った白樺の根元に生えていました。

P6190011.bmp

▼スラブ状岩壁、ケロヨン。今シーズン初めてのスラブです。

P6180005.bmp

▼マガスラブ、可愛い女var

P6190024.bmp

▼オーウェンの為に祈りを。

P6190034.bmp

▼高い窓、Trの取り方を変えたので、ロープの流れが良くなり、余り怖くなく登れます。

P6190029.bmp

▼デロリンマンの限定バージョンです。これで登るとかなり難しくなります。

P6190038.bmp

又来週の土日も小川山の予定ですが、梅雨の最盛期になってしまうので、天気が心配です。

 

2011/6/15 水曜日

寒い位の小川山

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 20:55:41

14〜15日で小川山でした。一週間前に来た時よりは寒い位の2日間でした。レンゲツツジは咲き始めからかなり花を付け始めました。陽射しが出ればかなり蒸し暑い位の季節のはずが、此の2日間は曇りがちで寒い位の陽気でした。廻り目平にも人影は少なくクライマーの姿も余り見掛けることはありませんでした。今夜あたりから又梅雨空に戻るようです。此の週末の廻り目平の予報は取り敢えずは曇り、晴れの予報になっているので山荘に週末の宿泊予約をしてきた所です。曇りベースでも何とか登れる週末で有ってほしいのですが、如何なる事でしょうか、今日のブログは花等の写真は一つも有りません。全てクライミングの写真です。行った岩場は、14日は、兄岩に行こうと向かったのですが、雨が降ったのでしょうか、微妙に水量が多く、いつも簡単に渡れる石伝いに水が被っていたので他に渡れる所と探したのですが、皆微妙な渡り方になりそうなので、兄岩方面を断念して八幡沢左岸スラブ周辺のルートを登りました。15日、何となく曇りがちで、昨日よりは一寸は良いかなと思いながら水晶スラブへ、貸切の水晶スラブで、アバタモエクボ、ノイズを登っている頃から何となく寒さが増し、ナイロンジャケットを着ながらのビレーでした。時間的にはまだ登れる時間でしたが、かなり登る事が出来たので今回のクライミングはこれで終了となりました。帰り際にワラビ採りに一寸夢中になってしまいました。

▼トムと一緒に。

P6140002.bmp

▼トムと一緒にvarです。

P6140007.bmp

▼走れメロス。

P6140009.bmp

▼左、往年の乱。右、走れメロス。

P6140011.bmp

▼左、ブラック&ホワイト。右、ジャーマンスープレックス。

P6140015.bmp

▼水晶スラブ、アバタもエクボ。

P6150024.bmp

▼水晶スラブ、越境者。

P6150027.bmp

▼水晶スラブ、フィンガークラック。

P6150036.bmp

▼水晶スラブ、ノイズ。

P6150031.bmp

今週末の晴れを期待したいものです。

2011/6/9 木曜日

夏まだ浅き廻り目平

Filed under: トレッキング — 廣瀬 憲文 @ 21:54:01

梅雨の晴れ間、8日〜9日で一ヶ月振りとなる小川山に行って来ました。8日10:30頃廻り目平到着。支度をしてソラマメスラブへ、途中では、ツマトリ草、マイヅル草、ハルリンドウが咲いていました。小梨の花も見事です。レングツツジも咲き始めています。曇りがちで肌寒い廻り目平です。ソラマメスラブは貸切状態です。まずはソラマメ下部岩壁で、涸れ木が倒れたよ、三色スミレ、スラブの逆襲、甘食、を登って上部岩壁のソラマメハング、ロングロング・ア・ゴーを登りました。12時過ぎ頃から登り始めて14時過ぎには終了となりました。

9日、晴れ、午後は雷雨に注意との一寸不安定な天気予報の中、マガスラブへ向かいました。岩は良く乾いています。この辺は三つ葉ツツジが群生しています。まだ見頃の花も有り、遅かった春が偲ばれます。ウルトラセブン、可愛い女、オーエンの為に祈りを、高い窓と登りスラブ状岩壁へ転進しました。バナナケーキ、ハート&ソウルを登って時間的には早いのですが今回の小川山でのクライミングは終了です。8日が6本、9日は7本と短時間で良く登りました。梅雨の晴れ間の快適なクライミングでした。

▼マガスラブより烏帽子岩、マラ岩方面。夏まだ浅きと云った所です。

P6090041.bmp

▼ツマトリ草。

P6080020.bmp

▼石楠花と三つ葉ツツジのコラボレーション。

P6090030.bmp

▼レンゲツツジも咲き始めました。これからが本番です。

P6080025.bmp

▼ハルリンドウの可憐な姿です。

P6080004.bmp

▼ソラマメスラブ下部岩壁、スラブの逆襲。

P6080008.bmp

▼ソラマメスラブ下部岩壁、甘食。

P6080010.bmp

▼ソラマメスラブ上部岩壁、ソラマメハング。

P6080012.bmp

▼マガスラブ、高い窓。

P6090038.bmp

▼スラブ状岩壁、ハート&ソウル。

P6090043.bmp

▼何でしょう?落とし文と言います。何の虫かは分かりませんが、中には白い小さな卵が入っています。綺麗に巻くものですね。

P6090031.bmp

2011/6/4 土曜日

湘南鷹取山、木の実色々

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 21:04:43

梅雨の中休み、昨日位まで肌寒陽気だったのが今日は一転、真夏仕様となりました。一昨日湯河原幕岩に行ったので、今日は久し振りの鷹取山に行って来ました。ほとんど平日に来ていたのでさすがに土曜日ともなればクライマーの数はかなり増えます。それにもまして、ハイキング、犬のお散歩、ピクニックと団体さんから親子連れまで沢山の人が楽しんでいました。公園入口近くにある鷹取台小学校では今日が運動会らしく、チビッ子達の応援する声が公園まで良く聞こえていました。今日は暑かった事でしょう。

夏の色に変わった岩場に着くと既に知り合いが親不知の南壁にロープを4本も垂らしていました。私達は子不知の竹本フェースのカンテ側と直上を2回ずつ登り、久し振りに電光クラックを登ってみました。取り敢えずここを終了して、さて何処に行こうかと思いながら親不知に行ってロープを借りて登ろうかとも思いましたが、約40年前にアブミの練習で登った事が有る子不知の広場側フェース、つまり竹本フェースの裏側のフェースを登ってみましょうと、ロープをセットしました。2〜3本位はルートが撮れそうなので、取り敢えず2本の登れそうな所を登ってみました。まず向かって右側を直上ぎみに、人が登っていないので砂がもろくてザラザラですが、それなりにホールドスタンスはあってウォーミングアップに良いと思います。感じ的には5.10a位でしょうか、次は左側にルートを見出してみました。こちらの方がムーブ的には難しく、手も余り良いのが有りません。縦ホールドが多く、細かいのでかなりの振込をしての立ち込みが何箇所か有ります。体感的には5.10d位に感じます。暑くなるとこれからの鷹取は一寸足が遠のいてしまいますが次に行った時はこのフェースのお掃除をしたいと思っています。

アジサイも咲き始め、色々な木の実が付き始めました。サクランボ、桑の実、ビワの実、サクランボとビワの実はまだ早くて食べられませんが、桑の実は黒いのを採って食べてみましたが久し振りに懐かしい味を思い出しました。もう少したって黒い美が増えたら採ってジャムにすると美味しいかも知れませんね。興味のある方は、是非鷹取に行って食べてみて下さい。

▼鷹取小学校、チビッ子達が所狭しと動き回っていました。楽しそうですね。

P6040001.bmp

▼木の実色々、採って食べた桑の実、此の公園にはいたるところにあります。

P6040003.bmp

▼木の実色々第二弾、ソメイヨシノのサクランボ、これは食べませんでした。

P6040009.bmp

▼木の実色々第三弾、ビワの実、まだ一寸早めなので食べませんでした。もう少しでしょう。

P6040013.bmp

▼子不知、竹本フェース、右側を登りました。直上よりはやさしめです。

P6040004.bmp

▼竹本フェース直上。

P6040007.bmp

▼竹本フェース裏側のフェース、右側のルート。

P6040015.bmp

▼左側のルートです。こちらの方が難しいです。

P6040019.bmp

▼鷹取にイワタバコがあるとは思いもよりませんでした。まだ咲き始めです。

P6040021.bmp

▼大輪の花を付けたアジサイ、これからがシーズンとなります。

P6040023.bmp

2011/6/1 水曜日

幕山も夏模様

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 21:19:40

今日から6月1日、世間一般では衣替えの日ですが、今日は季節が1ヶ月以上逆戻りしたような気候でした。衣替えどころか一枚多めに重ね着をしなければならないような一日でした。そんな肌寒の中、4月6日振りの湯河原幕岩に行って来ました。一寸遅めに行ったので、岩場に着いたら知り合いばかりが数パーティー登っていました。桃源郷辺りも梅の木は茂り、下草は伸び放題でも、今日は幕岩の夏模様特有の蒸し暑さは微塵も無く、この時期にしては快適なクライミングでした。アリババの岩場、桃源郷を登って14時半頃、一寸目に見える位のの雨が降り出したのでここで終了としました。予報通りの降り出しとなりました。

▼幕山定点観測地点からの幕山、緑もかなり濃くなり夏模様となりました。

P6010001.bmp

▼幕山公園バス停近くに咲いている黄菖蒲。

P6010009.bmp

▼アリババの岩場、ニューアライ。

P6010003.bmp

▼アリババの岩場、アリババ。

P6010004.bmp

▼アリババの岩場、アニー。

P6010006.bmp

▼アリババの岩場、アラジン。

P6010005.bmp

▼桃源郷の看板ルート、アボリジニ。

P6010007.bmp

▼これも桃源郷の看板ルート、憧れのハワイ航路。

P6010008.bmp

今日は短時間で9本のルートを登りました。マンツーマンと云う利便性を生かしてのクライミングは良い練習になります。湯河原幕岩も又秋までは来ることがないかも知れません。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.310 sec. Powered by WordPress ME