2011/2/28 月曜日

第一回、赤岳鉱泉アイスクライミングフェスティバル

Filed under: アイスクラミング — 廣瀬 憲文 @ 10:28:17

25日〜27日で八ケ岳でした。寒さも峠を過ぎたのでしょうか、今までの寒さに比べると、身体に感じる寒さも何となしにぬくもりを感じさせてくれます。東京では春一番が観測された土曜日、美濃戸口からの林道も凍っている所、雪の無い所が見られ春特有の道になってきました。赤岳鉱泉では、26日、27日と「第一回、赤岳鉱泉アイスクライミングフェシティバル」が開催されました。今まで赤岳鉱泉で行われていた赤岳鉱泉アイスクライミングコンペに参加してくれていた皆さんがスタッフとして全面協力の元、鉱泉三代目の活躍もあって大盛況で無事終了しました。沢山の方々にアイスクライミングの初体験をして頂き、このフェスティバルの目的でもある、アイスクライミングの底辺を広げよが、これから多くの人に広まって頂きたいものです。

今回は名古屋の友人も参加してもらって今シーズン初めてのアイスkライミングを楽しんでもらいました。アイスキャンディーもフェスティバルで正面側を全面的に使ったので一般講習は北側を使って行いました。此の週末も200人を超す満員御礼状態で、鉱泉スタッフもてんやわんやで応対していました。しかし、その中、事故も発生しています。25日は大同心で発生した事故で両足骨折をした若者が救助隊によって降ろされて来ました。幸いにも死亡事故と云う悲しい結果にならず救助隊の方々もホットしていたようです。他にも26日には、赤岳主稜の取り付き付近で2名が滑落して全身打撲で救助を求めたようです。その後の詳しい事は分かりませんが、帰り道で防災ヘリが何度も何度も往復していました。無事を祈るしかありません。これから登山される皆様も春先の雪崩、アイゼンの着雪での滑落、凍結でのスリップ等充分気を付けて登山を楽しんで頂きたいと思います。

▼25日、いつもの定点観測場所で、今回は大同心大滝のアップです。見事なブルーアイスです。

P2250002.bmp

▼26日、アイスクライミングフェスティバルの開催式。各メーカーさんも沢山来ていました。

P2260021.bmp

▼27日、フェスティバル、コンペ大会の模様です。皆さん楽しそうに競っていました。

P2270050.bmp

▼私達もルート設定をしてにぎやかな方の裏側でこっそりと楽しんでいました。細いルートで名古屋の友人も大奮闘中です。

P2270072.bmp

▼いいフォームでムーブをこなしています。両手はBUBUのフラミンゴ。

P2260028.bmp

▼紺碧をバックに。

P2260019.bmp

▼二人ともいい形で発進です。

P2260031.bmp

▼この角度からの写真は初めてです。上の写真の核心部を登っています。きれいなフォームが出来ています。

P2260023.bmp

▼Mt.Dax社から発売されるクライミングテクノロジーの「クリックアップキット」と云うオートロック機構のビレイデバイスです。軽量かつ軽快な使用感です。これからもっともっと色々な場面で試したいと思います。

P2270073.bmp

まだまだアイスクライミングは楽しめます。一度はと思っている方、是非、赤岳鉱泉を訪れてアイスクライミングを体感して下さい。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.233 sec. Powered by WordPress ME