2010/12/27 月曜日

銀世界

Filed under: アイスクラミング — 廣瀬 憲文 @ 11:44:57

24日〜26日で今シーズンの初アイスクライミングに行って来ました。勿論、八ケ岳の赤岳鉱泉アイスキャンディーです。冬型が強くなり寒い3日間でした。今は小屋の周辺で50〜60?位の積雪でしょうか、最高温度はー10℃位でした。アイスキャンディーもかなり発達しているので、クライミングは何処でも可能です。ルートに出た人達も沢山いるのですが、寒さとラッセルで諦めて帰って来た人達も少なくはありません。これから沢沿いに入る人はくれぐれもご注意の程。土日は今シーズン第一回目のアイスクライミングセミナーでした。今シーズンは、山岳ガイド志望の若者が参加してくれました。アイスは初めてなので、此の5回のセミナーで取り敢えずの形が出来るようになってもらいたいと思っています。他はもう何回も参加してくれているベテランなので、自分達が分からない事をやって行くと云う形で進めて行きます。土曜日はかなりの寒さの中今シーズンの初アイスを楽しんで頂きました。(寒さで楽しめたかどうかは?ですが)土曜日の宿泊は130名位で大賑わいの赤岳鉱泉でした。ガイドさん達も沢山宿泊されていました。又、冬の八ケ岳がやって来たと云う感じですね。これから年末年始にかけても大勢の人達が宿泊する事でしょう。小屋の従業員一同、キリンさん(首を長〜くして)になって待っています。皆さんお出かけ下さい。

▼24日の横岳西壁です。大同心大滝もまだ細いです。でも下まではつながっているようです。

CIMG2052.bmp

▼25日のアイスキャンディーです。寒かったです。キャンディーは何処も可能です。

CIMG2057.bmp

▼今シーズン第一回目のアイスセミナーが始まりました。これから3月の終わりまで勉強して行きます。左が、初めてのアイスクライミングですが、中々力だけでは思うように登れません。

CIMG2069.bmp

▼道具も新調してきました。両手はクォークです。両足は平爪なので中々大変でした。これから頑張ってもらいたいですね。

CIMG2071.bmp

▼やはり今までに経験を積んでいれば、今シーズンの初アイスでも何ら問題はありません。・・が寒さには勝てません。

CIMG2072.bmp

▼今シーズンで4回目のアイスセミナー参加です。最初から良いクライミングを見せてくれました。今シーズンも楽しみです。

CIMG2075.bmp

▼24日の夕食です。これに+エビフリャーが一人2本つきました。熱々のエビフリャーが美味しかったです。勿論このビーフシチュウも美味しいですよ。是非食べに行って下さい。カレーのメニューも沢山ありました。一度はご賞味あれ。

CIMG2053.bmp

▼此の食事を作っている今シーズンの赤岳鉱泉の(^◇^)です。宜しくお願いします。キリンさんで待ってま〜す。お正月は、行者小屋も開けますので、そちらにも遊びに行って下さい。

CIMG2055.bmp

今シーズンも宜しくお願いします。

2010/12/19 日曜日

梅は〜咲いたか〜

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 22:32:02

予報では素晴らしい天気になるような事を言っていましたが、いざ蓋を開けて見ると、どんより曇り日、たまには陽射しはありましたが、明日あたりの天気がちょっとずれて来たのかも知れません。湯河原幕岩は大賑わいでした。早咲きの紅梅も数輪見えました。しとど庵の方の斜面では早咲きの白梅が白い花を付け始めています。

一番で桃源郷のアボリジニで体をほぐしてから、アリババの岩場へ、知り合いのロープを借りたりして、アリババ、アニー、アラジンを皆さん快調に登り、午後からはサンバリーへ、ここも知り合いが3本位Trを垂らしていましたが、私達が空いているドロドロトロへTrを掛けると直ぐにロープを回収し始めて空けてくれました。回収してくれた、まだ登った事のない、グレグリーおじさんを登って皆で登りました。午前中はかなり濡れていたようですが、午後は比較的乾き問題ありませんでした。・・が、ドロドロトロの下部はいつも水が流れていて登りにくい所です。グロー・ユアー・ロックを登ってみましたが、ここも悪いフェースでした。風も冷たく感じ始めた頃終了としました。

私の大阪の友人が突然登りに来て、前回返り討ちにあった、桃源郷の憧れのハワイ航路のRPに成功して帰って行きました。これでスッキリとした正月が迎えられるようです。

▼未確認飛行物体(UFO)?ではありません。初島上空辺りを飛んでいる飛行船です。こんな所を飛んでいるのは 初めて見ました。

CIMG1978.bmp

▼早咲きの紅梅。何時も早く咲く木です。

CIMG2016.bmp

▼桃源郷、アボリジニ。皆さんあっという間に登ってしまいます。

CIMG1981.bmp

▼アリババも問題ありません。

CIMG1988.bmp

▼アラジンは今回が初めてのクライミングでした。

CIMG1994.bmp

▼サンバリー、ドロドロトロ、足元がかなり濡れています。

CIMG2004.bmp

▼サンバリー、今回初めて登ってみた、ルート名がグレゴリーおじさんです。登っているのは、若いお嬢さんで〜す。

CIMG2008.bmp

湯河原幕岩もこれから観光シーズンを迎えようとしています。2月には又梅の宴が始まります。これからの土日は混雑必死の幕岩です。

2010/12/13 月曜日

さかなの学校は、川の中

Filed under: マルチピッチクライミング — 廣瀬 憲文 @ 10:11:55

10日〜12日で伊豆城山へ行って来ました。3日間良いお天気に恵まれたクライミングでした。10日は平日ともあって、7〜8人が来て登っていました。私達も下部で一寸身体を動かしてから久し振りのエキスカーションへ出発。ロープが60m1本に30mずつ2人をつないでいるので、ピッチを短く切りながら登りました。5Pで終了点へ、懸垂下降も30mずつの下降をして取り付きへ、初めての人には一寸難しかったようですが、2人とも快適に登りました。

11日は朝から寒冷前線の影響で風が強かったのですがそれ程の寒さもありませんでした。土曜日なのでさぞかし混んでくるだろうと思っていましたが、知り合いが家族でバトルランナーへ仲間Gが黎明へと行ってしまったので下部下部岩壁は数人が登っているだけでした。マルチへ行った人達も風が強くて大変だった事でしょう。

12日、この3日間で一番のピーカンとなりました。風も無く絶好のクライミング日和です。9時頃に岩場へ到着、既に下部岩壁は飽和状態でした。ロープの品評会のように何十本のロープが所狭しと張られていました。いつものように私達は、その中をぬって登りました。人はどんどん増え、待ちながらのクライミングです。どこから落ちて来るのか、たまに物凄い音がして落石がきます。今回も当たった人が居なくて良かったものの現状を分かっていないと、危険な所です。又、タナバタノタナボタの小ハングの所にあるガバホールドの横クラックがかなり広がって来ています。土等も入り込んでいていつ剥がれてもおかしくない状態です。軽くたたいても悪い音がします。取り敢えずこのルートは登らない方が良いかも知れません。行った人はご注意ください。

▼やはりこの写真ですね。

CIMG1913.bmp

▼大仁へ帰る途中の川の中、メダカならぬ、魚の学校は川の中です。

CIMG1912.bmp

▼岩場の下で咲いていた水仙です。

CIMG19111.bmp

▼エキスカーション3P目のBPです。

CIMG1828.bmp

▼エキスカーション4P目。

CIMG1836.bmp

▼下部岩壁。

CIMG1862.bmp

▼下部岩壁。

CIMG1873.bmp

▼日曜日の下部岩壁、これからもっと混雑して来ました。、CIMG1893.bmp

2010/12/7 火曜日

トンビがくるりと輪を描いた

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 21:34:32

一寸微妙だった天気予報も何とか持ってくれました。予定通り湘南鷹取山へ行って来ました。珍しい事に、他には誰もクライミングに来る人も無く貸切鷹取でした。日中は陽も出て昼食の頃は暖かな食事が出来ました。まずはマジックマッシュルーム周辺の弓型クラックから始めて、その後に親不知南面フランケへ移動しました。ここではまずジェードルを登ってから、天の川、流れ星を登って、かなり指にきているのと、陽もだいぶ傾いて来たのでそこで終了となりました。久し振りの天の川、流れ星でした・・・と、初めての天の川、流れ星でした。中々難しかったようです。

▼トンビがくるりと輪を描いたホオイ〜ノ ホイ。・・と云う三橋美智也の歌がありました。

CIMG1764.bmp

▼マジックマッシュルーム周辺の弓型クラック。

CIMG1749.bmp

▼親不知南面フランケ、ジェードル。

CIMG1758.bmp

▼南面フランケ、天の川。初めてのクライミングです。

CIMG1774.bmp

▼南面フランケ、流れ星。天の川よりはムーブが多彩です。ここも難しいですね。久し振りに登りました。

CIMG1780.bmp

▼親不知の上にある展望台から見た長浦港、真ん中辺りに護衛艦が見えます。私はここに2年近くいたので、懐か しい場所です。

CIMG1789.bmp

 

2010/12/5 日曜日

冬の風物詩

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 22:36:04

今日も良い天気でした。湯河原幕岩は人人人人人でした。ロープの垂れていないルートを探すのが大変な位の幕岩でした。岩場は良く冬の風物詩で見られる雪吊りを見ているようでした。まずアリババの岩場に行き空いたニューアライから登り始め、アリババのバージョンとアリババを登って午前中は終了しました。午後は前回行ったサンバリーへ行ってみました。案の定登っている人はいなかったのですが、一昨日の雨がまだ浸み出しルートからしたたり落ちている所を慎重に登る。ドロドロトロと満腹食堂を登って本日は終了となりました。

▼アリババの岩場、雪吊り状態です。

CIMG1711.bmp

▼アリババの岩場、ニューアライ。

CIMG1707.bmp

▼アリババの岩場、アリバババージョン。

CIMG1719.bmp

▼サンバリーの岩場、左がドロドロトロ。右が、満腹食堂。

CIMG1738.bmp

▼上のルート+ミスサイゴのルートは同じ取り付きです。その取り付きです。

CIMG1731.bmp

▼満腹食堂、同じ取り付きから右へ、小ハングを越えて行きます。

CIMG1743.bmp

暖かさも今日までのようです。明日からは平年並みに戻る予報との事、明日もアイスの準備です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.291 sec. Powered by WordPress ME