2010/8/31 火曜日

何年振りの廣瀬ダイレクト

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 0:25:37

夏休み最後の土日を含めた27日〜30日で小川山に行って来ました。27日のみ雷雨に会いましたが、後3日間は良いお天気に恵まれました。土日はキャンプの人、釣りの人、山歩きの人とクライマーで賑わっていました。金峰山荘も主催の源流ウォーキングで40名位が集まったようです。土曜日の金峰山荘はその人達で一杯でした。

27日、昼過ぎ頃から父岩で登り始めたのですが、小川山ストーリーを登り終えた頃から雷が聞こえ始め、少しパラついて来たので、取り敢えず終了して廻り目平の休憩所まで来た所で本降りとなり、小一時間降っていましたが止んで、又明るくなって来たので、兄岩でも行って見ましょうと出掛けましたが行ってみるとビショビショ状態、どうせ来たのだから・・とタジヤン?に取り付いてみるとこれが又見事にヌルヌル、何とかTrを掛けて登る。隣の三日月ピンクリップを登って終了。山荘に帰るともう六時一寸前でした。

28日、朝から良い天気です。今日来る人達と合流するために分かりやすい水晶スラブ下の岩を登る。合流後、水晶スラブに移り、アバタモエクボ等を登って終了。

29日、快適な天気です。メジャーなルートは混みそうなので、久し振りに最高ルーフ左の岩に向かう。何回かここに来ているが、余り人が来たためしがない、お陰様でこちらもゆっくりと登る事が出来ました。白糸、ナデシ等5本のルートを登る。大阪の友人が2人で登りに来たので一緒に楽しみました。

30日、空が高くなりました。素晴らしい秋空と云った表現がピッタリとしたスジ雲が広がっていました。昨日の大阪の友人と4人で数年振りの廣瀬ダイレクトルートに向かいました。金峰山荘から約小一時間、取り付き着。支度をして09:35、2人パーティーづつで登攀開始。カラカラに乾いた快適なクライミングに終始して11:40登攀終了。懸垂下降で取り付きに戻り13:30金峰山荘着。昼食を食べて入浴、サッパリとして帰って来ました。快適な小川山クライミングでした。朝夕はもうかなり涼しくなりました。キャンプで来る方は防寒着をお忘れなきようご注意下さい。今度は9月23日まで小川山も来る事が出来ません。今度来るときはもうすっかりと秋になっている事でしょう。

▼ワレモコウと金峰山荘です。ワレモコウがお分かりでしょうか。

CIMG9846.bmp

▼父岩、雨の降りだす前の小川山ストーリー。

CIMG9757.bmp

▼雷雨直後の兄岩、タジヤン?、ビショビショです。

CIMG9768.bmp

▼28日、水晶スラブ、アバタもエクボ、綺麗に登りました。

CIMG9787.bmp

▼29日、最高ルーフ左の岩、白糸です。

CIMG9817.bmp

▼山窩物語、中々難しいが、好ルートです。

CIMG9843.bmp

▼30日、涸沢岩峰群2峰、廣瀬ダイレクトルート、1P目取り付き上のスラブ。

CIMG9853.bmp

▼終了点からの最終ピッチのテラスです。今回は5P目です。

CIMG9874.bmp

▼最終ピッチのクライミング。被り気味のクラックを登ります。苦しい所です。(>_< ) CIMG9876.bmp

▼大阪の友人、最終ピッチの最終ホールードを・・ドリャ〜 見事に登り切りました。

CIMG9881.bmp

▼戦い済んで、此の笑顔、いいですね〜。良いクライミングが出来ました。お疲れ様でした。

CIMG9888.bmp

又。一緒に登る約束をして長い時間を掛けて帰って行きました。今度会える時は秋でしょうか。しばしのお別れの小川山です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.299 sec. Powered by WordPress ME