2010/8/8 日曜日

AZUHATA特集

Filed under: アルパインクライミング — 廣瀬 憲文 @ 19:58:41

6日〜8日で穂高屏風岩右岩壁ルンゼ状スラブルートに行って来ました。何年振りの右岩壁でしょうか、6日、(晴)小豆畑号で沢渡まで行き、乗合タクシーで上高地に入りました。ビジターセンター発12:00、明神で休憩、ここで早速中生ビールに舌鼓を打つ敬子ちゃんと一寸おすそわけをもらうダーリンであった。重い荷物と暑さに汗だくとなりながら徳沢園で1ピッチ、ここでは我慢〜の敬子ちゃんであった。それでも14:40横尾に到着。早速テン場を確保して設営、ご苦労様でしたで缶ビールで乾杯、この瞬間でここまでの苦労が全て解消された敬子ちゃんの笑顔でした。久し振りのテント生活もいいものですね。夜は早めに就寝、7日に備える。

7日(晴)良い天気となりました。04:20起床、04:30横尾発。06:10右岩壁ルンゼ状スラブ取り付き、準備を整えて06:50登攀開始、過去に数回来ているが一番乾いている最高の状態であった。順調にロープを伸ばす。対岸の登山道から敬子ちゃんが写真を撮っているのが確認できた。ビールでも飲みながらこちらの状況を見ているのだろうか・・・との憶測をしてしまった。(間違っていたら済みません)岩は乾いていると言ってもルート上所々は濡れていて、特に草付きは水分を含んでいる為悪い登攀であった。特に4P目の草付きと5P目股裂けトラバースの所のリングボルトが消失していた為に、ぐらぐらハーケンで振り子トラバースをする羽目になってしまった。6P目は乾いて快適なクライミングで横断バンドまで行き、7P目は、正規の悪いピッチを登らずに、教えてもらったルートを選択した。このルートは横断バンドの左端の一見ボロボロに見える所を登って鵬翔ルートと合流するものであった。ここまで7P、約3時間が経過した。気力、体力的にもかなり疲労の色も見えて来たので、終了点まで行くか、残り1〜2Pを登って下降するかの選択をして、終了点までは行っても仕方がないとのことと、後1〜2P登って又ここまで降りて来るのなら、ここで終了としましょうとの判断で10:10同ルートの下降を開始、4Pの懸垂下降で取り付きに戻って来ました。人が登っていない為に浮石が沢山あり、懸垂下降のロープを回収する度に落石に見舞われました。2回目の懸垂で回収している時に握り拳大の落石が跳ね返って私のヘルメットを直撃しましたが何事もありませんでした。危ない所です。13:00横尾着、先に帰っていた敬子ちゃんは、ダーリンの無事帰着のお祝いのビールを飲み干した所でしたが、私達が到着すると、又ビールで乾杯でした。良く頑張って登る事が出来ました。夜は3人で、酒を酌み交わしながら(お酒は2人だけです)星空観察と洒落込み、沢山の人工衛星を見つけました。こんなに沢山の人工衛星を見たのは初めてです。

8日(曇り)05:30起床。朝食を済ませ、帰り支度を整えて、06:40横尾発。大勢の入山者と行き違いながら歩いていると韓国人の集団と行き違いました。その中に昨年の穂高で知り合った韓国旅行会社の金さんと偶然にも再会する事が出来ました。しばし立ち話しをして別れ徳沢園で休憩をした時に、徳沢園のオーナーの息子さんに声を掛けられ、美味しいコーヒーを御馳走になりながらしばし歓談、こちらも久し振りの再会です。再度気を取り直し歩き始めると又知り合いのカップルと遭遇、槍から縦走に行くとのことでした。朝から曇りの為に、重い荷物を背負って歩いていても一向に汗をかきません。これでは明神で飲むビールがまずいとの判断で、敬子ちゃんの企みが閃いたようです。何と雨具を着て中から蒸れさせて身体を暑くしようとの企てでした。途中イワナの泳いでいるのを見たり、土竜の死んでいるのを3匹も見つけたりで、要約待望の明神館に到着です。迅速な行動で間髪入れずに飲みたかった特大生ビールを注文、勿論10分の8は敬子ちゃんがあっという間に飲み干してしまいました。雨具のご利益が大いにあったようです。良かった〜。ここからはもう暑い雨具には用は有りません。10:15分やっと上高地に到着です。あっちこっちに引っ掛かりながら、3時間30分も掛けて此の山行も終了となりました。めでたし〜。お疲れ様でした。

▼暑い〜、こんな日はビールに限る。まさか入山ではないですよね。そのまさかなんです。明神での一コマです。中生を一気です。それを見守る、優しいダーリンです。

CIMG9477.bmp

▼横尾の天場です。到着御苦労さま。カンパ〜イ至福の時です。

CIMG9479.bmp

▼穂高岳屏風岩右岩壁、ルンゼ状スラブルート。ほぼ中央の白くなっている部分です。

CIMG9507.bmp

▼3P目の濡れたコーナーを登ります。ここが又悪いピッチです。

CIMG9486.bmp

▼同ルートを下降中です。

CIMG9501.bmp

▼7P目から撮った本谷橋と涸沢街道です。

CIMG9499.bmp

▼途中で咲いていたニッコウキスゲ。

CIMG9483.bmp

▼8日朝、数分間だけ見えた前穂高のモルゲンローテです。この後曇りとなってしまいました。

CIMG9520.bmp

▼再会した韓国旅行会社の金さんです。敬子ちゃんは何故か雨具を着ています。美味しくするためには、こう云った努力と思い付きが肝心なんですね。低頭〜。

CIMG9538.bmp

▼努力が実った瞬間です。此の笑顔、特大ジョッキ生ビール¥900円です。あっという間になくなってしまいました。この後、何事も無かったように上高地まで歩きました。働いてくれた雨具もここで用無しとなってしまいました。

CIMG9542.bmp

▼何を撮ったかお分かりでしょうか、真ん中一寸上にイワナがいるんですが、此のイワナ暑さのせいかピクリとも動きません。砂の上に鎮座しているのです。他のイワナは一生懸命に泳いでいるのに、きっと暑さのせいなんでしょうね。

CIMG9543.bmp

▼勿論、今回で一番いい笑顔の写真ですね。楽しい穂高でした。AZUHATA\(^o^)/。

CIMG9545.bmp

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.559 sec. Powered by WordPress ME