2010/3/22 月曜日

今シーズン最後の赤岳鉱泉

Filed under: アルパインクライミング — 廣瀬 憲文 @ 22:48:34

20〜22日で八ケ岳に行って来ました。今シーズン最後の赤岳鉱泉となりました。約20泊位したでしょうか、20日は久し振りの一人での入山となりました。荷物も軽いし、赤岳山荘を11:15に出て、赤岳鉱泉着が12:20でした。久し振りに大汗をかいてしまいました。。午後からはルートを設定して暖かいアイスクライミングを楽しみました。天気予報では海山は大荒れとのニュースを言っていました。夜半より暴風が吹き荒れ、21日朝は暴風雪でした。登りに行く予定の人達もこの天気ではさすがに出られず、様子見の人達で食堂は待機の人達で一杯でした。雪は次第に収まりましたが、強風は中々収まらず、様子見の人達も段々と出掛けて行きましたが、皆さん途中で帰ってきたようです。私達も10時前頃からアイスキャンディーで始めたのですが、風が強く又とても寒いアイスクライミングとなりました。前回は天気が悪く、ソノリベンジで、21日、風雪の中を無事入山して来たお二人と再会しました。朝方には何とかドピーカンとなり数え切れない位の星を見て、今日の晴天を確実としました。

05:00起床、同じ頃に他の出掛ける人達も準備に追われていました。05:45赤岳鉱泉発、良く締まった雪道を行者小屋を経て中岳ダイレクトリッジ取り付きへ向かったのですが、おじさん4人組が道を間違えて入り込んでいて、取り付き付近でまだ上に向かって歩いていたので、声を掛け聞いてみると、赤岳へ向かったつもりだったようで、正規の道を教え戻って頂きました。07:45中岳ダイレクトリッジ取り付き、ロープが短かったので、ピッチを切ったのは7ピッチでした。半分以上はクラストした雪稜を登って中岳頂上09:45。下山は中岳沢を下って10:50赤岳鉱泉着でした。前回駄目だった分、今回は素晴らしい登攀が出来ました。満足がゆけた事と思います。風は強かったのですが、久し振りに登った中岳ダイレクトリッジ、良くクラストした雪稜は素晴らしいの一言でした。今シーズン最後の赤岳鉱泉となる為にデポしてあった装備の荷下げをしました。先週と今週の2回に分けて、約30?を回収してきました。今度行くのは、6月のツクモ草の咲く頃です。一冬シーズン有難うございました。

▼20日のいつもの写真ですが、橋の下の川の雪がだいぶ解けました。大同心、小同心も真黒です。

CIMG7805.bmp

▼20日午後から設定したルートです。この小ハング越えが核心です。

CIMG7810.bmp

▼21日に設定したルートです。中々難しいルートで、チムニー状の中が狭くて大変でした。

CIMG7834.bmp

▼22日、行者小屋から見た中岳です。

CIMG7851.bmp

▼取り付きです。

CIMG7840.bmp

▼中岳手前の素晴らしい雪稜です。アイゼンが良く効きました。

CIMG7843.bmp

▼このブログに余り載せる事の無かった富士の山です。ダイレクトリッジ終了点からです。見事に均整のとれている姿です。

CIMG7845.bmp

12月から始まって早アイスのシーズンも終了間近となってしまいました。今冬も長い間鉱泉にはお世話になりました。柳沢社長をはじめ従業員の皆さんに御礼申し上げます。又来シーズンも宜しくお願い致します。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.259 sec. Powered by WordPress ME