2010/1/17 日曜日

朱に染まれば、赤くなる

Filed under: アイスクラミング — 廣瀬 憲文 @ 22:41:20

16日〜17日、アイスクライミングセミナー1月分を八ケ岳に行って来ました。今回は運良く、柳沢社長のジムニーに同乗出来て堰堤まであっという間に行くことが出来ました。有難うございました。15日の夜に50?位の積雪が有り先週とは一寸違った銀世界が広がっていました。今シーズンで初めてサラサラの雪を踏みしめての入山となりました。10:30頃の堰堤ですでにー18℃位有りました。12:00前には赤岳鉱泉に入る事が出来、先週よりは巨大になったアイスキャンディーで、昼食後クライミング練習とアバラコフ(Vスレッド)とスリング回収等の復讐をして陽が落ちるとアイスキャンディーでー22℃になってしまいました。寒すぎて顔が痛い位で、早々小屋に引き揚げないと凍死しそうな寒さになりました。夕方は久し振りに赤岳の由来となる赤岳を見ました。3連休に比べると宿泊客は多少少ないようで、100名位のようでした。

17日、朝からドピーカンです。風もなく絶好の日和です。気温が低いので、周りの山々と針葉樹の雪がほとんど解けていません。私達は、裏同心沢に入って、リード練習を含めて細々したシステムの練習と思いきや、裏同心沢にはトレースが付いていませんでした。それでも一歩踏み入れてみると腰位のラッセルとなり、一同と協議の結果、裏同心沢は止めようと云う結論に達しました。ではと云う事で隣にあるジョーゴ沢に入りました。F2も全体的に凍結して問題ありません。乙女の滝の所では知り合いガイドがクライミング中で、気温はー20℃です。ここもリード練習を諦め、ナイアガラの滝に向かいました。ここでも知り合いガイドが練習でした。ナイアガラは陽射しが暖かく、ここではー14℃位でした。リード練習と何本か練習していると又知り合いが上がって来ました。12:00頃赤岳鉱泉に戻ってパッキング後下山しました。オバチャンキャンディーもかなり発達していますので登りに来てください。

▼毎度の写真です。17日の下山時です。大同心大滝も先週よりは太くなったようです。

CIMG7029.bmp

▼16日の夕方、久し振りの赤に染まる赤岳。

CIMG6991.bmp

▼紺碧の空にアイスキャンディーのブルーと周りの山々の銀世界。

CIMG6971.bmp

▼写真では良く写らなかったダイヤモンドダスト。

CIMG6968.bmp

▼17日、ジョーゴ沢F2。

CIMG6999.bmp

▼乙女の滝です。−20℃の中、頑張っている知り合いのGパーティーです。

CIMG7005.bmp

CIMG7009.bmp

ナイアガラの滝です。かなりの発達はしています。陽が当って軟らかそうですが、中々硬い氷なんです。氷の層になっていて、結構割れて落ちて来ました。でも暖かい所です。ジョーゴ沢の氷もこれからもっともっと発達して行くことでしょう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.249 sec. Powered by WordPress ME