2009/11/25 水曜日

J・A・G・U ガイド研修

Filed under: 未分類 — 廣瀬 憲文 @ 21:15:32

24日〜25日、ガイド研修会を湯河原幕岩で行ってきました。曇り空でも寒くはない中、09:00湯河原幕山公園の駐車場に集合したのは、JAGU若手、中堅どころ5名と一寸年取った1名の計6名が集まりました。装備を持って正面壁に、今回担当のSガイドから研修項目の説明とミーティングを行い、ポニーテールのある斜面でロードセルを使って衝撃荷重値の測定を行い、又私達ガイドが多用するタイトロープにおいても色々な方法での測定を試みました。一人の人を連れての行動でも、もしその人が滑落をした場合の衝撃荷重がかなりあることを再認識いたしました。ガイド活動では色々な現場が出てきます。これからもその場面、場面に対応したタイトロープ技術を用いて、安全なガイド活動に心掛けたいと思います。

夜は公園近くの「しとど庵」に宿泊して遅くまで熱く語り合いました。夜半から予報通りに雨、若干早めに頭を下げ始めた人もいましたが、そのような人達を気にもせず大笑いの渦で(G・Y・A・G・U 研修会)した。

25日、まだ雨でした。朝食後に止んだものの岩はびしょ濡れです。今日の項目は岩が濡れていると出来ないので駐車場の屋根の下で今までにやったロープワーク等の再確認を行って解散しました。今回の研修においても新たな発見や再認識を行うことが出来た有意義な研修会でした。

▼彩りも鮮やかになってきた幕山公園です。

CIMG6293.jpg

▼以前にも掲載したことのある右凹角ルートのスズメバチの巣です。もう完全に家主は一匹も居ませんのでご安心ください。

CIMG6345.jpg

▼ロードセル(張力計)を使って計測します。

CIMG6298.jpg

▼落ち役は何回も繰り返し落ちなければなりません。ロープの径、長さを変えて、何回も行いました。

CIMG6307.jpg

▼ガイドに大切なタイトロープでの計測も繰り返し行いました。

CIMG6338.jpg

▼ロープワークの再確認を行って、今回の研修は終了しました。

CIMG6363.jpg

皆さん中々忙しい中での研修会お疲れ様でした。研修会の大切さを感じ得ます。

2009/11/10 火曜日

御在所、豪雨の爪痕

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 19:24:41

2年振り、6日〜8日で御在所、9日はお伊勢参りへ40年振りで行ってきました。6日は東京から湯の山温泉まで行き、湯の山温泉の国民宿舎湯の山ロッジに泊まってみました。宿泊料金は料理の品数によって多少の違いがあり、私達は一番安い一泊二食で¥7.800円のプランでした。建物は一寸古いですがお風呂も料理も満足の行けるものでした。7日は大阪からの友人の車で裏道登山口まで行きそこから裏道を歩き出すのですが、平成20年9月2日のゲリラ豪雨によるこの地方の大災害によって地形が全く変わってしまいました。復旧作業に重機が入っていて、裏道自体も以前の道をまともに歩くことも出来ませんので、新しく迂回した道を歩いたりして藤内小屋に着きました。写真では見ていましたが、これほどひどくなっていたとは思いもしませんでした。勿論今でもボランティアの方々によって復旧作業が続けられています。藤内小屋の周りはかなりの森林だったのですが、今では周りの樹木はほとんどが剥ぎ取られて大石で埋め尽くされていました。登山道は土石流痕の中に付けられています。以前よりは直線的に登るようになりました。ウサギの耳からは以前の道に入りますが、所々新しく付けらた道を歩きながら藤内沢に入ります。藤内沢は全く変化がなく土石流の被害に遭うことがなかったようです。登攀準備をして前尾根の取り付きで3パーティー位をまって11:30頃前尾根に取り付きました。通常のルートとは異なったルートから最後にやぐらを登りそのまま前尾根自体を登って15:20御在所岳へ到着しました。結構の人が観光に来ていて混雑の中、やっとの思いでロープウエイに乗ることが出来ました。頂上の方は紅葉が始まりそれを見ながら12分のロープウエイを楽しみました。8日、今回の目的である中尾根バットレスのウインドサーフィンへ、中尾根バットレススベリ台のほぼ真ん中を登っているスラブルートです。快適なクライミングが出来ました。午後から一の壁を1本登って終了しました。一人が東京まで帰るので四日市で別れて、私達は松阪へ向かいました。松阪で友人と待ち合わせて、地元ではかなり有名らしい焼き肉店「一升びん」の本店で松阪牛を思いっきり堪能いたしました。非常に美味しかったです。

9日、朝友人が迎えに来てくれて、まず二見ケ浦を見てから伊勢神宮の外宮、内宮とお参りをして今回の御在所とお伊勢参りは終了しました。私もお伊勢参りは40年振りでしたが、かなりの様変わりに驚くばかりでした。丁度20年振りのご遍宮で宇治橋も掛け替えられて新しい橋を渡ってきました。これで御利益があると思います。新しい橋の渡り初めでしょうか、平日でもかなりの人出で賑わっていました。又20年経たないとこのようなことはないので、今回行けて良かったです。もう20年後は多分行くとは出来ないと思います。

▼藤内小屋です。家の形は何とか留めてはいますが、1mも前に押されたようです。勿論営業はしていません。

CIMG6049.jpg

▼うさぎの耳から見た藤内小屋方向(下流)です。自然の力は凄いものです。

CIMG6054.jpg

▼小屋付近から見た右前尾根と左中尾根バットレスです。以前は樹木で見ることは出来ませんでした。

CIMG6053.jpg

▼7日、前尾根P5への登り途中。

CIMG6083.jpg

▼前尾根最終クライミング、やぐらの登攀中。

CIMG6089.jpg

▼8日、中尾根バットレス登攀中。

CIMG6123.jpg

▼8日、午後一の壁登攀中。

CIMG6135.jpg

▼伊勢神宮、内宮への入り口掛る宇治橋も新しく掛け替えられました。

CIMG6160.jpg

40年振りのお伊勢参りでした。40年前にはお土産物通り(おかげさま通り)と云うのだそうです。はありませんでした。赤福のお店が何店かあったことは記憶にあります。これで、HASの皆様に末永い御利益がありますようにお祈りいたします。

2009/11/2 月曜日

HASクライミングフェスティバル

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 21:32:54

今年で何回目になるのでしょうか、今年はいつもより遅めで、10月31日〜11月1日で、恒例HASクライミングフェスティバルを両日よい天気の中、湯河原幕岩で行うことが出来ました。参加していただいた方々お疲れ様でした。有難うございました。参加人数は昨年よりは少なかったのですが、総員13名で楽しい時間を過ごすことが出来ました。

31日は茅ケ崎ロックのアリババの岩場と割礼塔でを登りました。夜は大飲み会と賞品の抽選会で大盛り上がりでした。良い物が当たった人、欲しい物が当らなかった人、それぞれの賞品を持って帰りました。1日は日曜日、桃源郷辺りは混雑するので正面壁に行ってみました。こちらは2パーティー位が来ているだけで後からも誰も来ませんでした。久し振りにカマクラのある所の壁を登ってみました。余り人が来ないのか、草ボウボウで最初に雑草の除去から始まりました。リフレクションの右ルート、ともだちプライス、カマクラの3本を登って早めの終了となりました。又来年も盛り上がりたいですね。お疲れさまでした。

▼今年のメンバーです。飲み疲れが出てますね。

CIMG5987.jpg

▼今回の賞品です。誰が何を持って行ったのでしょうか。アミダクジです。

CIMG5973.jpg

▼アリババの岩場、アリババとアン。

CIMG59181.jpg

▼アニーとアラジン。

CIMG5948.jpg

▼割礼塔、一寸法師。

CIMG5969.jpg

▼正面壁、カマクラ。

CIMG6004.jpg

今年も無事秋のイベントが終了しました。これから幕岩の季節がやってきます。この両日も快適なクライミングでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.301 sec. Powered by WordPress ME