2007/8/30 木曜日

秋の気配の剣岳

Filed under: トレッキング — 廣瀬 憲文 @ 22:14:39

3年ぶりの剣でした。27日に入山、剣沢小屋に宿泊。夜半から暴風雨、28日は小屋に停滞。29日奥大日岳を目指し出発。新室堂乗越を経て奥大日岳を往復。雷鳥沢〜地獄谷〜みくりが池温泉。到着直後に降りだした雨は30日も続き、風雨の中を早めに帰ってきました。

▼今回数少ない全容を見せた剣岳です。

 P8280016.bmp

▼暗雲立ち込める剣岳と長大な早月尾根。

P8290025.bmp

▼みくりが池温泉から見た奥大日岳と大日岳です。

P8290041.bmp

▼剣沢にいた雷鳥の親子です。言い伝えの通り次の日は大雨でした。

P8290019.bmp

▼今年は残雪が長く続いたのでしょうか、まだ夏の花と秋の花が仲良く同居していました。

夏のチングルマと秋のチングルマを同時に見たのは多分初めてかもしれません。

写真は立山リンドウと秋のチングルマです。

P8270011.bmp

寒い位の剣沢でした。山はこれから一気に秋になってゆくのでしょうか、

 

 

 

 

2007/8/13 月曜日

夏、本番の廻り目平

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 9:34:58

11日〜19日はお盆休みを含めた長期休みの日本列島でしょう。10日〜12日で小川山でした。11日から混み始めた廻り目平の駐車場も直ぐに一杯となり、次から次へと車は入って来るのですが、駐車スペーが空くのを待っている車が多く、そこらじゅう車だらけです。これから行かれる人は、金峰山荘に確認した上で廻り目平に行った方が良いかもしれません。

10日は、小川山レイバック、五月の雪。

11日は、屋根岩2峰南稜下部からセレクション、蜘蛛の糸、PTA,DDT。

12日は、八幡沢左岸スラブで春のもどり雪、トムと一緒に、ジャーマンスープレックス、ブラック& ホワイトを登りました。暑い小川山でした。

▼林の中で見つけた「シャクジョウ草」?です。回りも見たのですが、ここだけしか咲いていませんでした。

P8100011.bmp

▼素晴らしいコーナークラックの「小川山レイバック」です。

P8100001.bmp

▼小川山を代表するフィンガークラック「蜘蛛の糸」

P8110019.bmp

▼八幡沢左岸スラブ「春のもどり雪」

P8120028.bmp

▼左岸スラブ「ブラック&ホワイト」の核心部

P8120060.bmp

駐車場の車のナンバーが日本各地からのナンバーを見ると、やはり小川山はフリークライミングの聖地だな、という事を感じます。

 

 

 

2007/8/8 水曜日

残雪が多い涸沢

Filed under: 未分類 — 廣瀬 憲文 @ 22:44:51

6日〜8日で北穂高岳滝谷に行って来ました。一年振りの滝谷です。梅雨明けした云うのに何となく寂しい涸沢でした。テント場はまばらで小屋の方も物凄く混んでいるとは言える状態ではありません。クライマーの姿はほとんど見ませんでした。7日の滝谷も4尾根パーティーと我々のドームのパーティーのみでした。今週末辺りから混み始めるのでしょうか、残雪も多く、テント場にはまだかなりの残雪があるので、今週末テントを張る人は早く行かないと、雪の上にテントを張るようになるかも知れません。

高山植物もまだ豊富に咲いています。特に今年は、昨年はほとんど見られなかったコバイケイ草が多く見られます。夏が来ないうちに秋になってしまうかも知れない涸沢です。

▼おなじみの前穂高岳北尾根です。残雪が多いのがお分かりでしょう。南稜からです。

P8070014.bmp

▼南稜での滑落事故に長野県警のヘリが救助中です。

P8070013.bmp

▼ドーム中央稜の取り付きです。

P8070016.bmp

▼中央稜から垣間見た槍ヶ岳。

P8070027.bmp

▼ドーム北壁左ルート、2P目の核心部を抜けた所です。

P8070038.bmp

最近は滝谷も余り人気が無いようです。わざわざここまで来て岩を登る人も中々いないんでしょうね。この北壁の左ルートもフリー化されてもう何十年も経ちます。中々の好ルートだと思うのですが、是非登りに行ってもらいたいと思います。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.464 sec. Powered by WordPress ME