2007/3/20 火曜日

祭りの後の静けさ

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 21:55:44

日帰りでの湯河原幕岩でした。梅祭りも終り町の人が後片付けに精を出していました。寒い予報でしたが、反して風も無く暖かなクライミング日和でした。クライマーの姿も私達の他に5人しか確認できませんでした。何処も貸切状態の幕岩でした。

今日は、リードで5本、Trで3本を登りました。最初に桃源郷のシルクロード5.7、いんちきするな5.8をリードして、アリババの岩場で、アリババ5.10b、アン5.10a/b、シャワーコロン5.10aの5本をリードで、Trでアラジン5.11a、ニューアライ5.10a/bのクライミングを楽しみました。一ヶ月半位前までは3時頃になると陽も山にドップリと落ちてしまいましたが、これからはどんどん陽も長くなるのでもっと〜クライミングを楽しむ事ができます。

▼桃源郷、いんちきするな

P3200003.bmp

▼アリババの岩場、アリババ

P3200004.bmp

▼アリババの岩場、アン

P3200006.bmp

▼アリババの岩場、シャワーコロン

P3200008.bmp

▼アリババの岩場、アラジン

P3200007.bmp

 

2007/3/6 火曜日

第三回、赤岳鉱泉アイスキャンディーカップ

Filed under: アイスクラミング — 廣瀬 憲文 @ 9:50:16

3月3日〜4日、晴天の下、八ヶ岳赤岳鉱泉において、アイスクライミングコンペが盛大に開催されました。今回は北海道からもジャパンカップに参加された選手たちも参戦されてレベルの高いコンペになりました。クラスは、男子オープン、女子オープン、ビギナー(男女共)の3クラスで、総勢40名位がエントリーされました。昨年とは参加者も設定ルートもかなりレベルアップされました。

3日予選、各選手は各クラス別に設定されたルートを4本登って決勝進出を目指しました。決勝進出は、男子オープン8名、女子オープン6名、ビギナー5名の19名が選出されました。

4日決勝、09:00競技開始、8時過ぎのオブザベーション後のオンサイトトライ1回のみ、持ち時間9分で争われました。ビギナーと女子オープンの決勝が同時進行で行われ、男子オープンはその後に行われました。ビギナーはアイスのみのルート、女子オープンは長いマグロの木登りからアイスに移るルートで、男子オープンはアイスからドライ壁のハングを超えて行くルートが設定されました。ビギナーは全員完登、男子と女子オープンは残念ながら完登者が有りませんでした。しかし最後のデモンストレーションで北海道の選手が見事に完登し喝采の渦でした。見事な登りでした。

大盛況の中、閉会式と賞品の授与が行われ、事故も無く無事終幕いたしました。

▼開催された赤岳鉱泉アイスキャンディー

P3020005.bmp

▼開会式、柳沢社長の挨拶

P3030011.bmp

▼女子オープンルート、見事な登りの優勝選手

P3040034.bmp

▼男子オープンルートさすがに凄い登りを見せていただきました

P3040036.bmp

▼閉会式、ビギナークラスの賞品授与

P3040043.bmp

本州唯一のアイスクライミングコンペです。来年もまた楽しみにしています。

このイベントに参加された皆々様、大変お疲れ様でした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.291 sec. Powered by WordPress ME