2006/12/29 金曜日

アイスアックスの研磨

Filed under: アイスクラミング — 廣瀬 憲文 @ 16:48:50

シモン社製アイスアックスのピックを初めて研磨してみました。今まではペツル、BD、DMM、グリベル、カンプ等研磨してみましたが、今回のシモン社製ピックは中々硬くて今までに比べると時間が掛かりました。

写真を見て違いを見比べてください。

PC290003.bmp

上は全く手をつけていない状態。下は研磨済みです。角を全て取り除いてあるのがお分かりでしょうか、

PC290004.bmp

上の写真の反対側です。

PC290006.bmp

刃の下側から見たものです。左が研磨済みで、右が購入そのままです。刃の薄さが良く分かると思います。

確かに購入時そのままで使用しても硬い氷には中々刺さってくれません。何回も振っている内に腕はパンプして20〜30m登るのに凄く時間が掛かってしまうと同時に、素直に刺さらないので、氷を砕いてしまい落氷を起こしてしまいます。それらの事を考えると、やはりアックスは中々刺さらないより、研磨して良く刺さった方が安全だと考え、私は全てのアイスアックスを研磨しています。

これらの研磨は全て自己責任の元での改造ですので、それらのことが理解できない方には、ピックの研磨及び登攀用具の改造は薦められません。

やみくもに改造しても中々上手く行きませんのでご注意ください。

2006/12/25 月曜日

八ヶ岳アイスクライミング

Filed under: アイスクラミング — 廣瀬 憲文 @ 10:02:33

一寸不安を胸に、22日〜24日で八ヶ岳に行ってきました。今シーズン初めてのアイスクライミングです。あまり良い状態でない噂を聞いていたので、何処まで登る事が出来るのかが一寸気がかりでしたが、鉱泉キャンディーもまだこれからですが十分に登れます。23日にジョーゴ沢、24日に裏同心沢に入ったのですが全ての滝は問題なく登れますが、これから年末年始寒さが続いてくれれば、まだまだこれから発達してゆくでしょうから楽しみです。

PC220003.bmp

22日の赤岳鉱泉アイスキャンディーです。今年は高さも増して、一寸コンペ仕様ですかね?左のやぐらは初心者向けです。

PC230012.bmp

23日ジョーゴ沢のF2です。まだ発達途中ですが、登るには問題ありません。

PC230015.bmp

ジョーゴ沢乙女の滝です。今回登ってはいませんが、問題ありません。

PC230022.bmp

今回登ってきたナイアガラの滝の上部にあった氷柱です。高さ的には4m位でしょうか、今までナイアガラの滝を登った時には気がつきませんでした。ナイアガラの滝上から直ぐです。

PC240045.bmp

24日裏同心沢最上部の滝です。今シーズンの裏同心沢はすでに雪が多くて滝の発達も悪いですが、登るには問題はありません。

その他の滝や沢もまだまだ発達途中のようですが登る事は出来ますので、是非八ヶ岳においでください。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.400 sec. Powered by WordPress ME