2006/8/29 火曜日

小川山 サイコロ岩

Filed under: フリークライミング — 廣瀬 憲文 @ 9:19:01

26日〜28日一寸肌寒い感じの廻り目平でしたが、何とか3日間クライミングが出来ました。

26日、兄岩。27日、おむすび山スラブ〜水晶スラブ〜ひょっとこ岩。28日、こども岩〜サイコロ岩に初めて行って見ました。

P8260001.bmp

兄岩、がんばれクマさん5.10b。ホールドはそれなりにあるのですが、傾斜が強いため自分の身体を保持するのにどうしても腕の力を使ってしまう。

P8260010.bmp

兄岩、北条カンテ5.10b。クマさんの右隣りにあるルート。核心部は短いのですが、カンテの処理に手こずってしまうと中々登れない。

P8270028.bmp

おむすび山スラブ、リメンブランス5.10c。核心の取り付きです。左手の使い方がポイントです。この後、右足を右手の位置まで持って行って、立ち込めば一安心です。

P8270066.bmp

ひょっとこ岩、精神カンテ5.10a。最初のダイクの処理と写真の所のレイバックが核心です。一寸長いルートなので、楽しいですよ。

P8280094.bmp

サイコロ岩、ノーアクセス5.11a。サイコロ岩の頂上に立つための一番グレードの低いルートです。取り付きは甘いホールドからのマントルで傾斜の強いフェースへ立ち込みます。フェースは極小ホールドとフィンガークラックを使って立ち込んで行き、写真の所へ行けば一安心。これからアンダーホールドで左にあるクラックまでトラバースして、易しいクラックを登れば終了点です。サイコロ岩の上はテラスになっていて眺めの良い所です。

P8280097.bmp

稜線上にあるのがサイコロ岩です。中々象徴的な岩ですよね。その直ぐ下にあるのがこども岩です。こども岩からサイコロ岩までは歩いて行けます。途中ロープが掛かっている所を一寸登りますが、そこから右に踏み後をたどれば直ぐに着きます。下は中々広くて、一周もできます。

2006/8/14 月曜日

前穂高岳 北尾根

Filed under: 未分類 — 廣瀬 憲文 @ 21:08:19

12日〜13日の2日間で前穂高岳、名クラシックルートの北尾根を登ってきました。北尾根は2年振りですが、いつ登っても、何回登っても良い所です。お盆前の土日なのでかなりの混雑を予想してきたのですが、それ程の混雑もなく快適かつスピディーな山行が出来ました。

P8130017.bmp

定番の写真です。北尾根4峰からの北穂と槍です。

P8130018.bmp

3峰、2ピッチ目の快適な登攀です。

P8130026.bmp

岳沢のテント場に咲いていた「桜」なんです。雪の重みで大きくなれないのでしょうか、地面を這うように咲いていました。何と言う種類なんでしょうか、

P8130027.bmp

岳沢ヒュッテです。多分ここだけしか残らなかったのでしょう。これから再建するのでしょうか、雪崩の凄さを物語っています。

 

2006/8/9 水曜日

雨が降らなかった小川山

Filed under: 未分類 — 廣瀬 憲文 @ 22:45:12

8日〜10日、小川山でのキャンプとフリークライミングの予定で台風7号が接近中にもかかわらず3日間あるから何とかなるだろうと思い、駄目元で廻り目平に行って見ました。今にも降り出しそうな空を横目に、取り合えず準備して水晶スラブに行きました。

 久し振りの水晶スラブ、降ってくるまでとの思いで登り始めました。何本か登りまだ降ってこないので、水晶スラブ直ぐ下の岩に移動して2本登りました。結局6本を登って終了。何とか降らずにいてくれてラッキーでした。

後から天気予報を見て、台風が予報よりかなり右に向きを変えてくれたお蔭で影響がなかったことを知りました。

P8080065.bmp

左アバタもエクボ5.10c、右ツイスト5.10a

P8080068.bmp

ルート名が分からないフィンガークラック5.8

P8080077.bmp

やじろべえ5.11b、この格好がやじろべえに似ているからの銘々でしょうか

P8080084.bmp

水晶スラブ直ぐ下の岩場。岩場の名前は?です。ルート名も?です。ルートは2本あって、両方ともスラブのルートで、右が5.9位、左が510a位と思われる。スラブの練習にはもってこいの場所です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
廣瀬アルパインスクール

HTML convert time: 0.365 sec. Powered by WordPress ME